エコ助っ人車

茶箱の処分方法7選!まだ使える場合の活用術もあわせて解説!

茶箱の処分方法7選!まだ使える場合の活用術もあわせて解説!

郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

茶箱とは茶葉を保管しておく大きな箱ですが、現代では茶箱を利用している家庭は少なくなっています。DIYが流行っている昨今では、茶箱をリメイクして衣類ケースや小物入れとして使用している人もいます。

壊れてしまったり、古い茶箱は処分を検討しますが、大きく重いので処分方法に困ってしまうでしょう。本項目では、茶箱の処分について詳しくご説明します。

茶箱の処分方法

茶箱の処分方法

ここでは、茶箱の処分方法をそれぞれ詳しくご紹介します。費用や手間などがそれぞれ違うので、自分に合った方法をメリットとデメリットを確認しながら選んでみてください。

①自治体で粗大ごみとして処分する

自治体では茶箱が粗大ゴミの定義に当てはまる大きさや重さの場合は、粗大ゴミとして処分しなければいけません。しかし、粗大ゴミの定義は、お住まいの自治体によって異なります。

例えば、愛知県の自治体の粗大ゴミの定義は30cm角を超えるときは大型ごみで、指定ごみ袋に入ることができないものとされています。自治体で茶箱を粗大ゴミとして処分する場合は、「ゴミの捨て方」冊子またはホームページで確認して処分しましょう。

茶箱を粗大ごみとして処分するメリット・デメリット

茶箱を自治体の粗大ゴミとして処分する際は、比較的安く処分できるメリットや処分できるまでに時間がかかるなどのデメリットを比較した上で処分しましょう。

メリット デメリット
・安く処分できる
・指定場所に搬出すれば処分できる
・すぐに処分できない
・申し込みが手間

②解体して自治体の一般ごみとして処分する

茶箱は、解体を自分で行うことで自治体の一般ごみとして処分することが可能です。一般ごみとは、可燃ごみや不燃ごみ、資源ごみなどです。

茶箱を解体する際は怪我のないように行い、しっかりと分別をしておきましょう。お住まいの自治体によって、何ごみとして処分できるのかが異なります。

お住まいの自治体で、ゴミの捨て方のガイドマップやホームページを確認してから処分してください。

茶箱を自治体の一般ごみとして処分するメリット・デメリット

茶箱を自治体の一般ごみとして処分する際も、メリットやデメリットがありますので下記を参考に処分してください。

メリット デメリット
・処分費用が安い
・自治体のゴミの日に処分できる
・解体、分別が必要で手間
・すぐに処分できない

③欲しい人に譲る

友人や知人など身近な人の中に、茶箱が欲しい人がいれば譲ることができます。ただし、茶箱を譲る場合は、必ず一度は茶箱を目視で確認してもらってから譲るようにしてください。

写真では伝わりにくい色合いや傷・汚れなどを、本人に確認してもらうことでトラブルを回避できます。壊れていたり状態の悪い茶箱は、譲るのではなく処分を検討しましょう。

もし、知人や友人など身近に茶箱を欲しいという人がいない場合は、下記を参考に探してみましょう。

茶箱が欲しい人の探し方
SNSやジモティーで、茶箱を欲しい人を探すことができます。SNSでは、自分のアカウントで茶箱を欲しい人へ呼びかけることで探せます。
ジモティーとは、地元密着型の掲示板です。利用料無料なので誰でも利用でき、投稿を行うことで欲しいという人を探すことが可能です。

茶箱を欲しい人に譲るメリット・デメリット

茶箱を欲しい人に譲る際も、メリットとデメリットがあります。茶箱を譲ることで処分する場合は、下記を確認の上検討してください。

メリット デメリット
・人見知りでも安心
・処分費用をかけずに処分できる
・欲しい人がいないと処分できない
・状態が悪い場合は引取先が見つからない

④フリマアプリやオークションに出品する

フリマアプリやオークションで、茶箱をショッピンすることは可能です。ただし、フリマアプリやオークションに出すということは商品扱いになるので、トラブルになる可能性もあります。

トラブルを避けるためには、出品前に茶箱の状態をしっかりと確認し嘘偽りのないよう商品説明を行なってください。傷や汚れがある場合は、売却価格を下げたり写真を添付したりなど工夫してみましょう。

売却となったら、しっかりと梱包をして発送を行いましょう。取引相手とは、密に連絡を取り合ってトラブルを避けましょう

茶箱をフリマアプリやオークションで処分するメリット・デメリット

フリマサイトやオークションで茶箱を処分する場合も、メリットとデメリットがあります。自分にとって向き不向きを確認してから、利用してみましょう。

メリット デメリット
・誰でも利用できる
・自分で売却金額を設定できる
・コレクターもいる
・売却まで処分できない
・トラブルになりやすい
・密なコミュニケーションが必要

⑤茶道具の買取専門店に買い取ってもらう

茶箱は、茶道具の買取専門店で査定をしてもらうことによって買い取ってもらえます。茶道具買取専門店では茶道具であれば出張買取を行ない売却可能なので、他の茶道具まで処分できる便利な処分方法です。

しかし、茶道具の買取専門業者は多くありません。ただ、お茶の産地として知られるところであれば、比較的見つけやすいです。

普通の買取業者では、茶箱の買取はできないこともあるので注意しましょう。茶箱の量や状態によっては買取不可となってしまう業者もいますので、事前に問い合わせることがおすすめです。

茶箱を茶道具の専門店で買い取ってもらうメリット・デメリット

茶箱を茶道具の買取専門店で買い取ってもらう場合も、メリットとデメリットがあります。自分の状況と比較して、利用しましょう。

メリット デメリット
・茶道具専門店で安心
・処分費用をかけずに処分できる
・業者が少ない
・量や状態によっては買取不可

⑥リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップでは、自分で店舗に処分したいものを持ち込むことで買取査定を行なってくれます。しかし、全てのものを買い取るわけではなく、状態によっては買取不可となってしまい処分できません。

リサイクルショプは、出張買取を行なっていないこともあるため、自分で搬出、運搬までを行うため少し手間と感じてしまいます。しかし、状態の良い茶箱であれば買い取ってもらえる可能性もあるので、持ち込む前に問い合わせてみましょう。

茶箱をリサイクルショップで手放すメリット・デメリット

茶箱をリサイクルショップで手放す場合も、メリットやデメリットがいくつかあります。リサイクルショップで手放すことがメリットなのかを確認の上、検討してください。

メリット デメリット
・いつでも査定可能
・売却できる
・状態が悪いと買取不可になる
・自分で店舗に持ち込む

⑦不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼すると、茶箱1点から大量であっても処分できます。さらに不用品回収業者では、茶箱の回収と一緒に他の不用品を処分できます。

さらに業者によっては、お得に不用品を処分できる積み放題プランや買取サービス、割引キャンペーンなどを用意しています。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

たくさんの不用品を処分できるだけでなく、依頼者の都合に合わせて不用品を処分できるのですぐに処分したい人でも利用可能です。

茶箱を不用品回収業者に依頼して処分するメリット・デメリット

茶箱を不用品回収業者に依頼して処分する場合も、メリットとデメリットがあります。下記を確認の上、不用品回収業者に依頼しましょう。

メリット デメリット
・自分の都合に合わせて依頼できる
・お得なプランが充実している
・分別や運搬などの手間がない
・不用品1点の処分は割高になる
・業者選定が手間
・悪徳業者がいる

まだ使える茶箱の活用術

まだ使える茶箱の活用術

まだ使う事ができる茶箱は、処分するのではなくリメイクをするなどの活用術を試して再利用しましょう。各都道府県では、いらなくなってしまったものをリユースしてゴミの削減に力を入れるよう推奨しています。

まだ壊れていない茶箱であれば、処分費用や手間をかけて処分するよりも便利な収納として活用できるなどの活用術を紹介します。

活用術①食材の収納として活用する

茶箱は茶葉を保管しておくために使われていた大きな箱なので、食料の収納として活用できます。茶箱は防虫や防湿に優れていて、保存袋などを使用しなくても充分に食料の収納としての役目を果たしてくれます。

例えば、茶箱は、ジャガイモや玉ねぎなどの根菜類、冷蔵庫で保管できない大きな野菜などの収納におすすめです。さらに、紅茶やコーヒー豆なども入れておくことができます。

茶箱を大切に使うことで、何十年も保存箱として活用可能です。

活用術②精密機器や貴重品の収納として活用する

茶箱の特性である防虫、防湿、防酸化を生かして、精密機器や貴重品の収納として活用できます。茶箱の外側は木製でできでいますが、中側には鉄板を貼り付けているため保管能力が高いです。

例えば、カメラや撮影機器、パソコンやCDなどの精密機器の収納として活用できます。他には、大切な鯉のぼりや五月人形などの保管としても、活用可能です。

巻物や書物など貴重品の収納として活用もできます。

活用術③DIYやリメイクする

DIYやリメイクをすることで、おしゃれなインテリアや家具にリメイクできます。茶箱を自分好みに変身させることができます。

DIYやリメイク例
  • 可動式の収納付きの椅子
  • テーブル
  • 収納ボックスや棚

クッション材や布を茶箱の蓋に貼り付けることで収納付きのイスにリメイクしたり、茶箱の色を塗って下にキャスターを付けると可動式の米びつや収納にしたりなど、自分の好みに合わせて色々なものにリメイクできるのでぜひ挑戦してみましょう。

 

茶箱の処分にかかる費用相場をチェック!

茶箱の処分にかかる費用相場をチェック!

茶箱の処分にかかる費用の相場を、チェックしておきましょう。茶箱の処分方法によって、費用が無料であったり有料であったりと異なります。

売却という方法で処分すると、処分費用はかかりません。自分の都合に合った処分方法を参考にしつつ、費用相場をチェックしておくことで手間なく簡単に処分できます。

自治体の粗大ゴミとして処分する 粗大ごみシール料金により異なる
自治体の一般ゴミとして処分する 指定袋代
欲しい人に譲る 無料
フリマアプリやオークションに出品する 300円~+手数料程度
リサイクルショップに持ち込む 買取査定により変動
不用品回収業者に依頼する 5,000円~

茶箱の処分を不用品回収業者に依頼するのがおすすめのケース

茶箱の処分を不用品回収業者に依頼するのがおすすめのケース

茶箱の処分を不用品回収業者に依頼するのがおすすめのケースを3つご紹介します。ご自分にとって不用品回収業者に依頼することが、メリットである場合はおすすめです。

下記を確認してから、不用品回収業者で茶箱の処分を依頼しましょう。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

不用品回収業者に依頼することで、お得に処分できるだけでなく簡単に茶箱を処分できます。

たくさんの茶箱をまとめて処分したいとき

不用品回収業者は、たくさんの茶箱をまとめて処分できます。数量や大きさなど気にする事なく一度に処分できるよう不用品回収業者では、「詰め放題プラン」を提供しています。

さらに、茶箱をまとめて処分できるだけでなく、他の不用品も一緒に処分することが可能です。たくさんの茶箱をまとめて処分するからと、分別や運び出しの必要もないので手間なく利用できます。

たくさんの茶箱をまとめて処分したい場合は、簡単に処分できる不用品回収業者の利用をおすすめします。

手間なく簡単に茶箱を処分したいとき

自治体では、茶箱を処分するために分別や解体などを行わなければならない場合があります。しかし、不用品回収業者では、依頼したら分別や運び出しまで業者で行ってくれるため、手間なく簡単に茶箱を処分できます。

さらに依頼もインターネットや電話などを利用することですぐにできるため、手間がかかりません。不用品回収業者は、産業廃棄物収集専門業者とは違い一般の人でも依頼から不用品の処分までを手間なく簡単に行えるようサービスを提供しています。

茶箱以外にも処分したいものがあるとき

不用品回収業者は一回の依頼で茶箱だけでなく他の不用品も回収できるサービスを提供しているので、他にも処分したいものがあるときにおすすめです。不用品回収業者の「詰め放題プラン」を利用すると、処分したいものの種類関係なく大量に不用品を処分できます。

さらに不用品回収業者では、一度にたくさんの不用品を処分すると費用がお得になります。もし、茶箱以外にも処分したいものがある場合は、不用品回収業者を利用してお得に処分しましょう。

茶箱の処分は「ECO助っ人」におまかせください!

茶箱の処分は「ECO助っ人」におまかせください!

ECO助っ人では、茶箱の処分だけでなく一緒に他の不用品を処分するとお得になるプランを用意しています。さらに、手間な手続きや分別の必要がありません

茶箱の処分方法に困ってしまったり、一刻も早く処分したい場合などはぜひECO助っ人で処分してみましょう。

ECO助っ人

ECO助っ人の魅力を解説

ECO助っ人は、不用品1点からゴミ屋敷まで業界最安値で依頼可能です。価格に自信があるので、もし他社の見積もりよりも1円でも対価場合はお申し付けください。

迅速、丁寧、安心から年間作業実績2万件突破しています。不用品の買取サービスでは、高価買取を実施中でご満足いただける買取価格を実現しています。

24時間365日最短即日より対応可能なだけでなく、WEBからの申し込みでお得な「WEB割キャンペーン」が適応となります。

おすすめポイント WEB割キャンペーンで最大1万円お得!
料金 SSパック5,000円(税込)~
対応速度 最短即日対応
営業時間 24時間365日対応可能
買取制度 あり
電話番号 0120-090-046
公式ホームページ https://eco-suketto.jp/

ECO助っ人の依頼から不用品回収の流れ

ECO助っ人への依頼から不用品回収の流れは、どのようになっているのでしょうか。本項目では、依頼から不用品回収までの手順を説明します。

STEP.1
問い合わせをする
フリーダイヤル・問い合わせ見積もりフォーム・公式LINEより問い合わせください。
問い合わせは無料です。
STEP.2
訪問日の確定
希望の日程を伝えていただき、訪問日を確定してください。
24時間365日対応可能です。
STEP.3
出張見積もりを行う
希望の訪問日にスタッフが出張見積もりに伺い、処分費用を査定します。
出張見積もりは無料です。
STEP.4
作業開始
見積もり内容を確認いただき、納得いただいてから作業開始します。
作業が終わりましたら、スタッフに支払いを行なってください。

【まとめ】茶箱は自分の都合に合った方法で処分しよう

【まとめ】茶箱は自分の都合に合った方法で処分しよう

茶箱の処分について、処分方法や処分費用を詳しくご紹介しました。茶箱の処分方法によっては、簡単に処分できたり売却でお得に処分したりとさまざまです。

不用品回収業者では、依頼から処分まで簡単に行え一緒に他の不用品をお得に処分できます。ご自分の都合に合った処分方法で、簡単・お得に茶箱を処分してください。

不用品回収業者エコ助っ人

回収事例

ECO助っ人の不用品回収事例をご紹介いたします。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収前の画像
ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収後の画像
事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

`不用品回収前の画像
不用品回収後の画像
事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
事例1東京都世田谷区のお客様
ソファー・テーブル・テレビの回収前
ソファー・テーブル・テレビの回収後

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様
パソコンデスクと棚の回収前の画像
パソコンデスクと棚の回収後の画像

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

0000分現在お電話すぐに繋がります!
(現在:2名オペレーター対応可能)

マスコットキャラクターと背景
大見出しの飾り

対応エリア

全国の不用品、粗大ゴミ回収、遺品整理、ゴミ屋敷に対応可能。
365日営業しておりますので
お気軽にお問い合わせください。
ECO助っ人は買取サービスも対応しております。

トラックとマスコットキャラクター
対応地域拡大中!