不用品回収・粗大ごみ回収ならお任せください!

スチールラックの処分方法は?処分の仕方を徹底解説!

スチールラックの処分方法は?処分の仕方を徹底解説!

「スチールラックを捨てたいけど、どうしたら良いのかわからない」

そんなお悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、スチールラックを処分する2つの方法と、スチールラックの処分を依頼できる業者をご紹介します。

大きなスチールラックは、処分の際に解体や分解が必要なケースも少なくないので注意しましょう。

スチールラックを処分する際の分別は?

スチールラックを処分する際の分別は?

ほとんどのスチールラックは、鉄・アルミニウム・ステンレスで本体部分が作られています。

特別なスチールラックでない限り上記の素材で作られているため、金属製品にあたり不燃ゴミまたは資源ゴミとして処分することになります。

大きなスチールラックは解体する必要がありますが、経年劣化による錆び付きなどで解体が行えない場合には、粗大ゴミという扱いになることが多いです。

サイズによって扱いが変わることがあるので注意しましょう。

お住まいの地域によっては、そもそも不燃ゴミ・資源ゴミとして処分することができず、粗大ゴミとして回収に出さなければいけないケースもあります。

スチールラックを処分する際は、地域の自治体のルールを一度確認するようにしましょう。

スチールラックのリサイクル方法を紹介!

スチールラックのリサイクル方法を紹介!

スチールラックのリサイクルは、下記の2つの方法がおすすめです。

スチールラックのリサイクル方法
    • 自治体へ依頼する
    • リサイクルショップへ持ち込む

スチールラックは地域の自治体に回収を依頼することができます。

自治体へ回収を依頼する場合は、各自治体のルールに従って分解などを行う必要がありますが、状態が悪いスチールラックであっても処分することが可能です。

リサイクルショップへ持ち込む方法は、スチールラックの状態が良い場合にのみ活用できます。

リサイクル方法①自治体へ依頼する

スチールラックを処分する方法1つ目は、「自治体に依頼する」です。

スチールラックを粗大ゴミとして自治体に回収を依頼する際の流れは、下記の通りです。

STEP.1
電話で申し込む
地域の自治体で電話で申し込みを行います。申し込みを行う際に、スチールラックのサイズを確認されることが多いです。
STEP.2
粗大ゴミシールを購入する
申し込みを行ったら粗大ゴミシールを購入します。粗大ゴミシールはコンビニやスーパーなどで購入することができます。
STEP.3
指定の場所まで運ぶ
粗大ゴミシールを見える位置に貼り付けたら、指定の場所まで運びましょう。
STEP.4
回収日当日
回収日当日になったら各自治体が回収に来てくれます。家庭ゴミを出す際と同様に回収に立ち会う必要はありません。

なお、スチールラックを小さく解体できた場合には、粗大ゴミとして回収を依頼をしなくても不燃ゴミまたは資源ゴミとして回収してもらえることがあります。

スチールラックを不燃ゴミ・資源ゴミとして出せるかどうかは地域の自治体によるので、スチールラックを処分する際は、一度自治体のルールを確認するようにしましょう。

リサイクル方法②リサイクルショップへ持込む

スチールラックを処分する方法2つ目は、「リサイクルショップへ持ち込む」です。

リサイクルショップとは、不用品や使用済みの中古の品を買い取って再販売を行うお店です。

リサイクルショップでは、使用済みのスチールラックであっても状態が良い物や高価な物は買い取りを行っています。

リサイクルショップを利用してスチールラックを処分すると、処分費用をプラスにできる可能性が高いため、少しでも安く処分したいと考えている方はリサイクルショップへの持ち込みがおすすめです。

頑丈な新品購入価格が高いスチールラックや人気なメーカーのスチールラックであれば、数千円から1万円台の高価買い取りをしてもらえる可能性もあります。

なお、リサイクルショップやタイミングによっては、スチールラックの買い取りに対応していない可能性もあります。

回収を依頼する際は、一度電話などで確認をしてから持ち込みを行うようにしましょう。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

スチールラックの買い取り価格の相場は、500円〜2,000円です。

スチールラックは不用品回収業者に依頼できる?

スチールラックは不用品回収業者に依頼できる?

結論から言うと、スチールラックは不用品回収業者に回収を依頼することができます。

自治体によっては、スチールラックを回収に出すためには、解体が必須条件ということも少なくありませんが、スチールラックは時間の経過で錆び付きやすいため、自力で解体することができない状態になっているという方も少なくないのではないでしょうか?

錆び付いてしまって解体できない状態のスチールラックを処分したいという方におすすめなのが、不用品回収業者への依頼です。

不用品回収業者を利用すると、小さなスチールラックはもちろん大きなスチールラックであっても解体せずにそのままの状態で回収を行ってくれます。

処分費用はかかってしまいますが解体などの手間が一切かからないため、錆び付いていて解体できないという方や処分に手間をかけたくないと考えている方に最適です。

自力で工具やのこぎりなどを使って解体すると、けがの危険もある上に時間もかかってしまいます。

できるだけ時間をかけずにスチールラックを処分したいと考えている方は、不用品回収業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

下記からは、スチールラックの処分におすすめの不用品回収業者を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

エコ助っ人 | 即日回収可能

スチールラックの処分におすすめの不用品回収業者は、エコ助っ人です。

エコ助っ人の特徴
  • 24時間365日毎日営業
  • 不用品の回収だけでなく買い取りも頼める
  • 料金プランがすべて込み込み価格でわかりやすい

エコ助っ人は、関東や関西などのエリアに対応している不用品回収業者です。

24時間365日不用品の回収に対応しているため、自分の都合に合わせてスチールラックを回収してもらうことができます。

スチールラック1点だけでも回収を依頼することが可能で、不用品をまとめて処分することにも対応しています。

電話一本で最短即日回収してもらうことができ、依頼後は運び出しから回収まですべて任せられるので、一切手間をかけずに処分をしたいと考えている方におすすめです。

スチールラックの処分方法は家庭用と業務用で異なる

スチールラックの処分方法は家庭用と業務用で異なる

同じスチールラックでも、家庭で使用していたか業務用・事業用として使用していたかで処分方法が違ってきます。

処分を考えているスチールラックが、家庭用に当てはまるか業務用・事業用に当てはまるかは下記を参考にしてください。

    • 家庭用 家庭で使用していたスチールラック
    • 業務用・事業用 会社などの事業で使用していたスチールラック

自治体でスチールラックの回収を行っている場合にも、業務用・事業用は回収してもらえないなどのルールがあるケースは少なくありません。
回収に出す際は十分に注意しましょう。
下記からは、家庭用のスチールラックの処分方法と業務用のスチールラックの処分方法をそれぞれ詳しく解説していきます。
処分したいスチールラックが当てはまる方を参考にしてください。

家庭用スチールラックの処分方法

家庭用のスチールラックは、鉄・アルミニウム・ステンレスで本体部分が作られている物であれば、不燃ゴミか資源ゴミ、または粗大ゴミとして処分することができます。

不燃ゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミの内どれに該当するかは、お住まいの地域の自治体によって変わり、概ね粗大ゴミに該当することが多いです。

不燃ゴミ・資源ゴミに該当する場合は、自治体の指定のゴミ袋に入れ、指定された回収日に合わせて出しましょう。

粗大ゴミに該当する場合は、下記の3つの方法で処分することができます。

  • 自治体に回収を依頼する
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 不用品回収業者に依頼する

時間がかかっても安く処分をしたいのであれば、自治体の回収またはリサイクルショップへの持ち込みがおすすめです。

できるだけ処分することに時間をかけたくないのであれば、不用品回収業者に依頼することがおすすめです。

主要都市ごとの粗大ゴミの定義を下記に記載しておくので、自分の持っているスチールラックが粗大ゴミにあたるのか不燃ゴミ・資源ゴミにあたるのかわからないという方は、ご確認ください。

東京23区 家庭から出た一辺30センチ以上の大型のごみ
札幌市 固形の廃棄物で指定ゴミ袋に入らないもの。重量が100キログラムを超える物と長さが2メートルを超える物は回収対象外
横浜市 家庭から出た、最も長い辺が金属製品なら30センチ以上の物、それ以外なら50センチ以上の物
名古屋市 一辺の長さが30センチ以上の物
京都市 燃えるゴミとして収集できない大型のゴミ
大阪市 最も長い辺の長さが30センチ以上の物、または1メートル以上の棒状の物
神戸市 指定ゴミ袋に入りきらないサイズの物と重さが5キロ以上の物

粗大ゴミとして回収に出す場合も不燃ゴミ・資源ゴミとして回収に出す場合も、回収場所に出すタイミングは注意が必要です。

何日も前から回収場所に置いておくと近隣住民の迷惑になる可能性があります。

回収日の当日の早朝に出すようにしましょう。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

家庭用のスチールラックを処分する際は、地域の自治体のルールに従いましょう。

名古屋市における粗大ゴミ回収のルール

名古屋市では、一辺の長さが30センチを超える物は粗大ゴミとして処分する必要があります。

傘やお皿、食器、フライパンなどは30センチを超えていた場合でも可燃ゴミとして出すことが可能です。

名古屋市の粗大ゴミの回収手数料は下記の通りです。

自転車 500円
ふとん 250円
石油ストーブ 500円
掃除機 250円

名古屋市で粗大ゴミを回収してもらう場合には、まず粗大ゴミ受付センターへ申し込みを行う必要があります。

詳しい申し込みの手順と回収の流れは下記を参考にしてください。

STEP.1
粗大ごみ受付センターへ申し込む
申し込みを行う方法は、インターネット申し込みと電話申し込みの2つの方法が用意されています。
インターネット申し込みは24時間365日受け付けており、電話申し込みは、午前9時から午後5時まで受け付けています。
どちらの申し込み方法の場合にも、収集日の7日前までに申し込みを行う必要があります。
STEP.2
手数料納付券を購入する
申し込みを行ったら、手数料納付券というシールを購入しましょう。スーパーやコンビニなどの指定販売店で購入することができます。間違えて購入した場合にも払い戻しはできないため、注意して購入してください。
STEP.3
指定の場所へ出す
氏名と受付番号を手数料納付券に記入したら、粗大ゴミの見やすい場所に貼り付け指定された場所へ出します。
STEP.4
回収当日
回収時間になったら出しておいた粗大ゴミを業者が持って行ってくれるため、立ち会いなどは必要ありません。

業務用スチールラックの処分方法

事業で使用していた業務用・事業用のスチールラックを処分する場合は、自治体の回収に出せないことが多いです。

これは、業務用・事業用のスチールラックが産業廃棄物にあたる可能性が高いことが原因です。

業務用・事業用のスチールラックは、廃棄物処理法で定められているため原則的に事業者が自分で処分を行う必要があります。

自治体に出せないからといって処分方法がないというわけでなないため、不法投棄などは絶対にやめましょう。

業務用・事業用のスチールラックを処分する方法は下記の2つです。

業務用・事業用スチールラックの処分方法
  • 産業廃棄物に対応している不用品回収業者に依頼する
  • リサイクル処分センターなどに持ち込む

リサイクル処分センターに持ち込む方法は、トラックなどにスチールラックを積み、自分でゴミを処理できる施設まで運び入れる方法です。

持ち込みの際は事前に持ち込みを予約する必要があるケースがほとんどのため、自分で持ち込みたいと考えている方は、お住まいの地域に対応しているリサイクル処分センターを調べてみてください。

なお、お住まいの地域によってはリサイクル処分センターという名前ではないこともあるため注意してください。

この方法は、自分でスチールラックを運ぶ必要があるため、トラックなどを所有していなければ難しいかと思います。

スチールラックのような大きな荷物を積めるような車を持っていないという方であれば、もう一つの方法である「産業廃棄物に対応している不用品回収業者に依頼する」という方法がおすすめです。

不用品回収業者とは、主に家庭から出る不用品や粗大ゴミの回収を行っている業者のことです。

すべての不用品回収業者が産業廃棄物に対応しているという訳ではありませんが、一部の業者では産業廃棄物の回収にも対応しています。

一般廃棄物収集運搬業許可や産業廃棄物収集運搬業許可を持っている業者であれば、業務用・事業用のスチールラックの回収を依頼することができるため、業者選びの際はこれらの許可を持っている業者を探すようにしましょう。

【まとめ】スチールラックの処分方法は?処分の仕方を徹底解説!

【まとめ】スチールラックの処分方法は?処分の仕方を徹底解説!

本記事では、スチールラックの処分方法を紹介しました。

いかがだったでしょうか?

一口にスチールラックといっても、事業で使用してきたか家庭で使用してきたかによって処分方法が異なります。

家庭で使用してきた場合には、「自治体に回収を依頼する方法」・「リサイクルショップに持ち込む方法」・「不用品回収業者に依頼する方法」の3つの方法で処分することができます。

事業用・業務用で使用してきた場合には、「産業廃棄物に対応している不用品回収業者に依頼する方法」・「リサイクル処分センターなどに自分で持ち込む方法」の2つの方法で処分することができます。

処分にお金をかけたくないという方であれば、自治体に回収を依頼する方法やリサイクルショップ・リサイクル処分センターに持ち込む方法がおすすめです。

時間をかけずにすぐに処分したいという方であれば、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるため、自分に合った方法を選択して処分を行うようにしましょう。

本記事がスチールラックの処分方法でお困り中の方のお役に立てれば幸いです。

回収事例

ECO助っ人の不用品回収事例をご紹介いたします。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

0000分現在お電話すぐに繋がります!
(現在:2名オペレーター対応可能)

マスコットキャラクターと背景
大見出しの飾り

対応エリア

全国の不用品、粗大ゴミ回収、遺品整理、ゴミ屋敷に対応可能。
365日営業しておりますので
お気軽にお問い合わせください。
ECO助っ人は買取サービスも対応しております。

トラックとマスコットキャラクター
対応地域拡大中!