エコ助っ人車

オイルヒーターを適切に処分する方法は?処分方法5選と寿命・処分費用を詳しく解説!

オイルヒーターを適切に処分する方法は?処分方法5選と寿命・処分費用を詳しく解説!

郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

寒くなる冬の訪れと伴に、部屋を暖める暖房器具が必要になりますよね。暖房器具の中でも「オイルヒーター」は優しく包み込む暖かさで、小さなお子様がいる家庭でも安心して使用できる人気の暖房器具です。

しかし電化製品であるオイルヒーターは、使用し続けると経年劣化により、いつかは寿命を迎えます。寿命を迎えたオイルヒーターは、どう処分したらいいか迷う暖房器具といえるでしょう。

また、占有面積が広いオイルヒーターは、部屋や収納場所を占領するため、早めに処分したい所です。本記事では、オイルヒーターの正しい処分方法について解説します。

オイルヒーターの寿命・処分の目安は?

オイルヒーターの寿命・処分の目安は?

電化製品であるオイルヒーターの寿命は約10年と言われていますが、大切に扱うと長く使用できる可能性があります。しかし、オイルヒーターのメーカー「デロンギ」によると性能部品(製品の機能を維持するための部品)の保存期間は約6年となっているため、修理が必要になった場合は注意が必要です。

また、下記の症状がみられる場合は、オイルヒーターを処分する目安となります。故障の可能性が高く修理が必要な場合には、メーカーに問合せをしたり買い替えの検討をしたり等早めの対策をしましょう。

オイルヒーターの処分の目安
  • コンセントが入っているのに電源が入らない
  • 時間が経っても部屋が一向に暖まらない
  • オイル漏れがある
  • 基盤内部の不具合
  • 電源コードの接触不良や断線

オイルヒーターの処分方法5選

オイルヒーターの処分方法5選

オイルヒーターの処分が必要な場合は、条件やルールに従って正しく処分することが大切です。オイルヒーターの処分が、お住まいの自治体でできるかなどを確認しましょう。

またオイルヒーターの状態によっては、売却や下取り等が可能な場合があるので検討してみませんか。本章では、オイルヒーターの正しい処分方法について5選紹介します。

オイルヒーターの処分方法
  • 処分方法①自治体の粗大ゴミとして処分する
  • 処分方法②買い取り業者やリサイクルショップで売却する
  • 処分方法③メーカーや家電量販店に引き取ってもらう
  • 処分方法④不用品回収業者に処分を依頼する
  • 処分方法⑤フリマアプリやジモティーなどで売却・譲渡する

処分方法①自治体の粗大ゴミとして処分する

処分方法1つ目は、自治体で処分する方法です。自治体でオイルヒーターを処分する場合は、費用や出し方のルールが地域によって異なるため、お住まいの自治体公式ホームページを確認しましょう。

費用については、オイルヒーターは粗大ゴミとして扱う自治体が多く、数百円程度と割安な費用で処分ができ経済的です。処分の方法については、戸別収集や指定処理施設に持ち込む等の方法があり、「戸別収集」を実施している自治体に関しては、予約や処理券を購入する必要があります。

従って、自治体の戸別収集を利用する場合は、排出するまでの流れを把握しておくことが大切です。本章では、オイルヒーターを、粗大ゴミとして戸別収集を実施している自治体の処分に関する手順について解説します。

 

STEP.1
確認
オイルヒーターのサイズや特徴を、確認しておきましょう。
STEP.2
予約・申込
粗大ごみを受付する担当場所に電話・インターネット等で予約・申込を行い、案内・指示に従います。
STEP.3
処理券購入
粗大ごみ処理券取扱い販売所で、必要な手数料分の処理券を購入し、わかりやすい所に貼り付けておきます。
STEP.4
排出
指定日時にわかりやすい場所に排出しておき、終了となります。
注意点

自治体によっては、オイルヒーター自体の回収が不可能であったり、オイルを抜く作業が必要であったりと対応が異なるのでお住まいの自治体のルールに従って処分しましょう。

処分方法②買い取り業者やリサイクルショップで売却する

処分方法2つ目は、買取業者やリサイクルショップに売却する方法です。買取や売却は、直接ショップに持ち込む方法や持ち運びが難しい場合は、出張買取査定を行う業者があるので便利に利用できます。

オイルヒーターをはじめ主に電化製品は、人気メーカーや年式が新しいもの・季節のタイミングによっては高い金額で買取してもらいやすくなります。また予約等の準備が必要なく、自分の都合で買取交渉ができるので便利に利用できますね。

しかし、製品の状態や年式・メーカーによっては買取額が思惑より低くなる場合や、買取自体が出来ないこともあるので注意が必要です。また、付属品や取扱説明書・購入時に梱包されていた段ボール等を一緒に添付すると買取額が高くなる場合もあるので、高価買取できるコツを把握しておくことが大切です。

処分方法③メーカーや家電量販店に引き取ってもらう

処分方法3つ目は、メーカーや家電量販店に引き取ってもらう方法です。オイルヒーターを扱う有名メーカー「デロンギ」では、「デロンギ再資源化システム」制度があり、オイルヒーターのリサイクルを目的として引取りを行っています。

具体的な方法は、不用となったデロンギオイルヒーターを段ボールやエアパッキン等で梱包し、指定場所に送付することで引取りが可能です。しかし、「デロンギ再資源化システム」制度を利用する場合は、送料が自己負担になることや箱がない場合は¥1,800(箱と代引き手数料代込)の負担になる等、必ず費用がかかるので注意しましょう。

オイルヒーターを買い替える場合は、家電量販店を利用すると引取りや下取りが可能な場合があります。量販店によって費用や条件が異なるので、買い替えをするタイミングで直接販売店に問い合わせをして確認しましょう。

処分方法④不用品回収業者に処分を依頼する

処分方法4つ目は、不用品回収業者に処分を依頼する方法です。不用品回収業者は、自治体では処分できない品目も処分が可能ですので、オイルヒーターを自治体で処分できない地域にお住まいの方にはおススメです。

また処分と並行して、オイルヒーターの買取ができる業者があります。買取サービスがある業者に依頼すれば、ショップに持ち込むなどの手間が省ける他、買取出来ない場合でも回収処分を任せることができるので安心です。

ただし処分費用において自治体と比較した場合、単品での回収は割高な費用となります。不用品回収業者は、煩わしい運搬作業がなく楽に処分できる反面、費用が高くなるので注意しましょう。

処分方法⑤フリマアプリやジモティーなどで売却・譲渡する

処分方法5つ目は、フリマアプリやジモティーを使って売却・譲渡する方法です。フリマアプリは、値段が自分で自由に設定できる他登録などの出品手続きもスマホ等で簡単にできるので便利です。

しかしオイルヒーターは、サイズが大きいので梱包作業に大きな労力を必要とします。さらに売却に成功しない場合は、再出品等手続きの手間や買い手がつかないので回収自体ができない場合があることを考慮しておきましょう。

譲渡を目的として利用できるジモティーは、無料でサイトやアプリを使って出品するとお住まいの地域で必要としている方に譲渡の交渉ができるシステムです。ジモティーではお互いの条件に同意が得られれば譲渡できますが、条件が合わない場合は処分できないこともあるので注意しましょう。

オイルヒーターの処分にかかる費用相場

オイルヒーターの処分にかかる費用相場

自治体に粗大ごみとして処分を依頼 ¥200~
不用品回収業者に処分を依頼 ¥1,000~(単品回収の場合)
メーカー・家電量販店に引取りを依頼 ¥1,000~要問合せ

自治体の粗大ごみとしてオイルヒーターを処分する場合は、自治体によって費用や処分する方法が異なりますが、比較的割安な費用で処分が可能です。しかしオイルを抜く、解体分別等の作業が必要な自治体もあるので、お住まいの自治体のオイルヒーターの処分方法を確認しておきましょう。

不用品回収業者を利用する場合は、運搬や解体などの作業は必要なく処分が可能です。しかし単品で回収する場合の費用は割高になるため、出来れば他の不用品と併せて処分を行うとお得な費用で経済的に処分することができます。

メーカー・家電量販店での処分費用は、買い替えのタイミングが合えば下取りや割安な費用で処分が可能です。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

メーカーによっては引取りする際に送料が自己負担になる場合もあるので、利用する前に処分費用の確認をしておきましょう。

オイルヒーターを不用品回収業者に回収してもらうメリット

オイルヒーターを不用品回収業者に回収してもらうメリット

自治体でオイルヒーターを処分できない地域にお住まいの方や処分する方法がわからない、壊れたオイルヒーターの運搬ができない方等処分に関して困っていることはありませんか?不用品回収業者は回収や片付けのプロであり、処分に困ったオイルヒーターをはじめ様々な不用品を回収することができます。

また不用品回収業者の特徴は処分回収だけでなく、メリットを知ると大変便利に利用できます。本章では、不用品回収業者におけるメリットを解説します。

不用品回収業者を利用するメリット
  • メリット①処分日は自分の都合に合わせて決められる
  • メリット②他の不用品も同時に処分できる
  • メリット③買取してもらえる業者がある

メリット①自分の都合に合わせて処分日を決められる

メリットの1つ目は、自分の都合に合わせて処分日が決められることです。自治体で処分する場合は、戸別収集や処理施設に持ち込む際に、自治体の受付可能な日時に合わせて処分日が決められてしまいます。

一方不用品回収業者では、自分の都合のいい日時に業者が合わせてくれるので、スケジュールの調整がしやすくなります。また深夜や早朝の時間帯での対応も可能であるため、忙しい方には大変おすすめです。

さらに24時間、365日受付可能な業者や即日対応な可能な業者もあります。スピーディーに不用品を処分回収したい方には、大きなメリットになりますね。

メリット②他の不用品も同時に処分できる

メリットの2つ目は、他の不用品も同時に処分ができることです。気が付くと使っていない不用品が家中に多くあり、居心地の悪い空間になっていることがありませんか。

回収品目が多い不用品回収業者は、オイルヒーターをはじめリサイクル該当家電や大型家具、バイクやピアノ等大きなサイズの不用品処分が可能な業者があります。大掃除や引越し、断捨離等で大量に出てしまった不用品は問題なく対応できますので、素早く効率的に処分や片付けをしたい方には大変おすすめです。

メリット③買取してもらえる業者がある

メリットの3つ目は、業者によっては買取をしてもらえることがあります。不用品の処分作業と併せて買取を実施している業者であれば、自分で行うはずだった売却作業の手間や時間が最小限で済むため効率的ですね。

特にオイルヒーターは状態がよいもの・メーカー・年式・品番によっては、高価買取が可能です。業者によっては高価買取キャンペーンを実施している場合もあるため、タイミングに合わせて買取査定を行うと、作業費用から割引してお得な費用で処分できる可能性が高くなります。

さらに買取品目は、幅広く対応しています。家に眠っている不用品が思わぬお宝品となることがあるので、部屋が綺麗になって作業費用も安くなれば一石二鳥ですね。

オイルヒーターを不用品回収業者に回収してもらうデメリット

オイルヒーターを不用品回収業者に回収してもらうデメリット

オイルヒーター等電化製品を不用品回収業者に回収してもらう場合、メリットになる反面、利用の仕方によってはデメリットになることがあります。また、不用品回収業者を利用するときに、注意する点を把握しておく必要があります。

本章では、不用品回収業者のデメリットを紹介します。業者のデメリットを知って、賢くオイルヒーターを処分しましょう。

不用品回収業者を利用するデメリット
  • デメリット①単品回収の場合だと費用が割高になる傾向
  • デメリット②製造年数・型番によっては売却した方がお得な場合がある
  • デメリット③悪徳業者の「無料回収」には注意

デメリット①単品回収の場合だと費用が割高になる傾向

デメリットの1つ目は、単品回収の場合は割高な費用になる傾向があります。自治体で粗大ごみを処分する場合、自治体や品目によって費用は異なりますが、数百円程度での処分が一般的です。

しかし不用品回収業者での単品回収の費用は、約1,000円~と割高な傾向にあります。業者の作業に関する料金設定は、「パック料金」や「定額料金」と表示されていることが多いです。

パック料金や定額料金とは「軽トラック積み放題」や「Sパック」等不用品の量によって決まり、諸費用(出張料や基本料金等)が含まれたセット料金設定のため、お得感のあるサービスです。従って不用品1つからの処分は可能ですが、オイルヒーター以外に不用品がある場合は、まとめて回収してもらう方が経済的です。

デメリット②製造年数・型番によっては売却した方がお得な場合がある

デメリットの2つ目は、年式や製品の型番によっては売却した方がお得な場合があることです。新しいモデルで有名メーカー(デロンギ・アイリスオーヤマ・ユーレックス・山善等)の製品は、リユース需要が高く暖房製品として大変人気があります。

不用品回収業者は、回収と同時に買取が可能な業者がありますが、査定額は業者によってバラつきが大きく、買取専門業者の方が高くなる可能性があります。できれば高い査定額で、買取や売却をしたい所ですよね。

不用品回収業者に依頼する前に、リユースショップ等の売却を検討したりと査定額を比較できるようリサーチを行うことをおススメします。自分に合った方法で買取・売却を行えば、お得にオイルヒーターを手放すことができますね。

デメリット③悪徳業者の「無料回収」に注意

デメリットの3つ目は、無料回収を謳っている悪徳業者に注意することです。一見「無料」と聞くと大変お得に感じ、気軽に依頼してしまう傾向があります。

しかし不用品回収業者は、スタッフの雇用や車両費の維持管理が必要なため、無料で営業していては利益が出ないので会社として成り立ちません。さらにトラックで近隣を巡回している業者や空き地で不用品収集をしている場合は、悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。

実際に「無料」と言って見積を提出しないまま作業を行い、別途積込み代と称して高額な請求をされたケースがあります。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

不用品回収業者に依頼する場合は、必ず見積書を書面で提出してもらい、作業費用の相場を考慮して料金の比較を行うようにしましょう。

オイルヒーターを手軽に処分するならECO助っ人

オイルヒーターを手軽に処分するならECO助っ人

不用品回収業者の特徴や基礎知識を把握した上で、オイルヒーターを処分する際には、安心して処分を任せることができる業者を選びたいですよね。おススメしたい不用品回収業者は、「ECO助っ人」です。

信頼性の高いECO助っ人を選べば、リサーチ等の選定作業の手間が省け、気軽且つ効率的に処分依頼ができます。さらに、詳しいECO助っ人の魅力について解説します。

ECO助っ人の魅力

ECO助っ人

おすすめポイント 安心の定額パック採用で業界最安値
料金 最安プランSSパックWEB割引適用価格¥5,000~
対応速度 即日対応可能・
回収可能な不用品 家具・家電・趣味用品・電動自転車・カセットボンベ・消火器
買取制度 あり
電話番号 0120-411-023
公式ホームページ https://eco-suketto.jp/

ECO助っ人では、業界最安値の定額パックを採用しており、大変お得な料金設定で回収作業を行っております。定額パックは、他社で追加費用とする項目(出張費・エアコン取り外し作業・清掃費用・スタッフ追加費用等)をすべて含まれた料金設定としているため、お客様にわかりやすい料金表示となっております。

またオイルヒーターをはじめまだ使用できそうな品は、回収と併せて積極的な買取も行っており、当日の作業費用からお値引きすることができます。お見積り金額を提出する際に他社よりも高い・買い取り額が低いなどの場合は、お気軽にご相談ください。

24時間、365日受付対応を行っているECO助っ人は、見積~作業開始が即日で対応が可能であり、最短30分で現地にお伺いすることができます。すぐに処分が必要なオイルヒーターや大きなサイズの不用品が部屋を占拠して、一刻も早く回収して欲しい方等お客様の用途やご都合に合わせて、大変便利にご利用いただけます。

【まとめ】オイルヒーターの処分方法

【まとめ】オイルヒーターの処分方法

寒くなる冬の日は寒い外から暖かい部屋に入ると、ホッとして幸せを感じます。特に空気を汚さず優しい暖かさのオイルヒーターは、冬の必需品といえる暖房器具です。

しかし、寿命を迎えたオイルヒーターは、サイズが大きいため早い段階で処分をしたいですよね。不用品回収業者であれば、お客様の都合や即日対応での作業が可能なのでスピーディーに回収処分が行えます。

また、オイルヒーターの状態が良ければ売却や買取りも可能な場合があるので、業者やフリマアプリ等上手に活用して手放すことを検討しましょう。どうしても処分が必要なオイルヒーターは正しい方法で処分を行い、家で過ごす機会が多い寒い冬は、快適な空間で暖かい幸せなひとときを過ごせるよう心掛けていきましょう。

不用品回収業者エコ助っ人

回収事例

ECO助っ人の不用品回収事例をご紹介いたします。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収前の画像
ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収後の画像
事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

`不用品回収前の画像
不用品回収後の画像
事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
事例1東京都世田谷区のお客様
ソファー・テーブル・テレビの回収前
ソファー・テーブル・テレビの回収後

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様
パソコンデスクと棚の回収前の画像
パソコンデスクと棚の回収後の画像

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

0000分現在お電話すぐに繋がります!
(現在:2名オペレーター対応可能)

マスコットキャラクターと背景
大見出しの飾り

対応エリア

全国の不用品、粗大ゴミ回収、遺品整理、ゴミ屋敷に対応可能。
365日営業しておりますので
お気軽にお問い合わせください。
ECO助っ人は買取サービスも対応しております。

トラックとマスコットキャラクター
対応地域拡大中!