不用品回収・粗大ごみ回収ならお任せください!

ガラスの処分方法6選|無料で処分は可能?買取/持ち込み/捨て方別に紹介

ガラスの処分方法6選|無料で処分は可能?買取/持ち込み/捨て方別に紹介

ガラスの処分方法6選|あなたにピッタリな捨て方は?

ガラスの処分方法6選|あなたにピッタリな捨て方は?

「大きなガラスはどうやって処分すればいいかわからない・・・」
「できるだけ費用をかけずにガラスを処分したい・・・」
ガラスを処分したいと検討していても、ガラスの処分方法について悩む方も多いでしょう。

ガラスは、私たちの生活の中でとても身近なものです。コップ等の小さなものから、部屋の窓等の大きなものまで、ガラスは生活において必要不可欠でたくさん利用しています。しかし、いざガラスを処分したいと考えたときに処分方法に悩む人はとても多いです。

この記事では、ガラスのおすすめの処分方法6選を紹介していきます。

それぞれの処分方法でメリットやデメリットも違うため、自分に合った処分方法を探してみてください。

処分方法①不燃ごみの日にゴミ捨て場へ出す

まず1つ目の処分方法は「不燃ごみの日にゴミ捨て場へ出す」です。

不燃ゴミの日に捨て場に出すという方法は、一番馴染みある処分方法だと思います。家庭ゴミの分類は、自治体によって異なりますが、大きく次の4つに分類されます。

可燃ゴミ 不燃ゴミ 資源ゴミ 粗大ゴミ
生ゴミ・木クズ・衣類 ガラス・金属・陶器 ペットボトル・ビン・缶 大型家具

ガラスは不燃ゴミに分類されます。具体的な捨て方やルールも自治体によって異なりますが、一般的には、不燃ゴミで出すガラスは、収集用のゴミ袋に入るサイズでなければなりません。ゴミ袋に入らないような大きなガラスは、粗大ゴミに分類されます。

また、割れてしまったガラスを不燃ゴミで出す場合にも注意が必要です。割れてしまったガラスでご自身やゴミ収集業者の作業員が怪我をしないように必ず割れたガラスを新聞紙や布で包み、「ガラス」や「キケン」といった張り紙を貼ってから、ゴミ袋に入れるようにしましょう。

不燃ゴミを出す準備ができたら、不燃ゴミの収集日の朝に決められた収集場所に出してください。不燃ゴミの収集日や収集場所が分からない場合は、自治体のホームページで調べるか、直接自治体に連絡して確認しましょう。

処分方法②ガラス処分場へ直接持ち込む

2つ目の処分方法は「ガラス処分場へ直接持ち込む」です。

ガラスを自分で処分場に持ち込む場合は、お住まいの市役所のホームページから、一般廃棄物の持ち込み処分場を調べましょう。

廃棄物は事業から発生する「産業廃棄物」とそれ以外の「一般廃棄物」に分けられます。間違って、産業廃棄物の処分場に持っていっても処分することはできません。また処分場によっては、廃棄物の収集運搬業許可を得た事業の車のみ受け入れる処分場もあるので、注意しましょう。

処分場へ持ち込む場合の注意点は、お住いの自治体によって異なるため、必ず自治体の情報を確認しておくことをおすすめします。

持ち込み可能な処分場が見つかれば、処分場に電話し持ち込みで処分したいことを伝え、持っていく日にちや時間、処理場内での車のルートなどをしっかり打ち合わせを行い、当日遅れることの無いように持って行きましょう。

処分方法③ガラスリサイクル業者に買い取ってもらう

3つ目の処分方法は「ガラスリサイクル業者に買い取ってもらう」です。

ガラスをリサイクル業者に買い取ってもらう場合は、まずお住まいの地域のガラスリサイクル業者に処分したいガラスが買い取り可能か確認しましょう。

ガラスコップやガラスを使用した家具など、状態の良いものやブランド品はリサイクルショップで高く買い取ってもらえる場合があります。また、窓板ガラスなどの大きな板ガラスもガラス専門のリサイクル業者によっては買い取りが可能です。

但し、大きなガラス製品などは、自分でガラス買取店まで持っていくのはとても大変です。買取業者によっては、出張買取サービスで自宅まで来てくれる場合があるので、運搬が困難な場合は出張買取サービスの利用がおすすめです。

業者によっても異なりますが、ほとんどの業者が出張買取サービスを無料で実施していますので、まずは出張買取サービスで処分したいガラス製品を確認してもらうのが良いでしょう。

処分方法④不用品回収業者に引き取りを依頼する

4つ目の処分方法は「不用品回収業者に引き取りを依頼する」です。

処分したいガラスの量が多い場合や、仕事などで自分で自治体等で処分する時間が無いという方は、不用品買取業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者を利用する一番のメリットは、不用品回収業者が不用品の搬出・積み込み・処分を一括して行ってくれるところです。特に高齢の方や女性の場合は、大きなガラス製品を自分で運び出すのはとても大変です。また、割れてしまったガラスを処分する場合は気をつけないと処分する際に手を切るなどの怪我に繋がります。不用品回収業者に依頼すれば、割れてしまったガラス製品でも安心して処分してもらうことができます。

反対に、デメリットとして上げられることは、処分の料金が発生することです。しかし、不用品回収業者によっては不用品の中に買取可能な物があれば、処分費と相殺できる可能性があるので、買取サービスが可能な不用品がある方には、非常におすすめです。

処分方法⑤自治体の戸別回収を利用する

5つ目の処分方法は「自治体の戸別回収を利用する」です。

不燃ゴミで処分できないような大きなガラス製品などは、自治体の戸別回収で処分する方法があります。

自治体の戸別回収とは、お住まいの地域の自治体に依頼して、不用品を指定された日にちに決められた場所に出しておくことで回収してもらえる自治体の制度です。

お住いの市区町村によって手続き方法は異なりますが、一般的にはお住まいの地域の市役所ホームページで電話番号を確認し、戸別回収依頼の電話をします。処分したい品物を伝え、料金・収集日・収集場所を確認します。

料金は一般的にゴミ処理券を購入することが多く、ゴミの大きさによって決められた金額のゴミ処理券をコンビニなどで購入しましょう。収集日当日の朝に不用品にゴミ処理券を貼って、指定された場所に出して完了となります。

戸別収集は、不用品を自分で直接処分場に持って行けない方におすすめの処分方法です。

処分方法⑥交換や修理の際にガラス業者に引き取ってもらう

6つ目の処分方法は「交換や修理の際にガラス業者に引き取ってもらう」です。

窓ガラスが割れてしまって、窓ガラスの交換をする時などにおすすめな処分方法が、ガラス業者に引き取ってもらう方法です。

大きな窓ガラスを自身で修理するのは非常に難しく、危険な作業です。そのため、ガラス業者に修理を依頼することが多いと思われますが、ガラス業者によっては、割れてしまった窓ガラスを引き取ってもらうことができます。

回収を希望する方は、修理・交換を依頼するときに既存の窓ガラスは引き取ってもらえるか、相談してみましょう。

また、台風などの自然災害でガラスが割れてしまった場合は、火災保険が適用されるので、修理や処分の出費を抑えたい方は火災保険を利用しましょう。

ガラスを無料で引き取ってもらうことは可能?

ガラスを無料で引き取ってもらうことは可能?

ガラス製品を無料で処分することは可能です。

小さなガラス製品であれば、不燃ゴミで処分すれば無料で処分できます。ガラスの破片が35cm以上のものは粗大ゴミとして扱われてしまうので、不燃ゴミで処分できません。そのため、処分するガラス製品を小さく粉砕できるのであれば、ガラスを粉砕して小さくし、不燃ゴミとして処分すると良いでしょう。但し、ガラスを粉砕するのは非常に危険なため、怪我をしないように十分に注意して作業するようにしてください。

一方で、回収業者に依頼した場合は、基本的には料金が発生すると考えた方が良いでしょう。安易に「無料回収」を宣伝している業者は危険な業者である可能性もありますので、ご注意ください。

但し、処分するガラス製品が壊れておらず、状態の良い物であれば、業者が買い取ってくれますので、売却でお金がもらえたり、無料で引き取ってもらえたりすることが可能です。

状態の良いガラス製品はジモティーやヤフオクに出品

状態の良いガラス製品は、ジモティーやヤフオクなどに出品するという処分方法もあります。

ジモティーやヤフオクなどに出品する際は、自分で写真撮影して、出品手続きするなどの手間が発生しますが、購入者が決まれば、希望の金額で売却することができます。特に状態が良いものや貴重な品物であれば、高値で売却できる可能性もあるため、売却で処分したい方は、ジモティーやヤフオクなどへの出品を試してみると良いでしょう。

売却できる可能性がある一方で、デメリットもありますので、事前に認識しておいてください。

1つ目が、すぐに購入者が見つからない可能性があるということです。出品してもすぐに購入者が見つかるかどうかは分からないため、すぐにでも処分したい方にはおすすめできません。

2つ目が、購入者が決まったら、自分で発送手続きをしなければならないという手間が発生することです。特にガラス製品の場合は、品物が割れないように指定の配送サービスを利用する必要があるため、配送料金も通常より高くなりますのでご注意ください。

ガラスを処分する際の料金相場をご紹介

ガラスを処分する際の料金相場をご紹介

ここでは、ガラスを処分する際の料金相場を紹介します。料金相場を把握しておくことで、自分に合った処分方法が選びやすくなりますし、業者に依頼した際に迷わなくて済むようになります。

まず、自治体で処分した場合の料金相場です。
自治体の戸別回収を利用した場合、45Lサイズのゴミ袋で、500円~1,000円程度が目安となります。

次に不用品回収業者に依頼した場合の料金相場です。
不用品回収業者に依頼した場合、45Lサイズのゴミ袋の量で、1,000円~2,000円程度が目安となります。

料金だけを比較すると、自治体の処分方法の方が安く済みますが、手続きや準備などの手間を考慮すると、不用品回収業者に依頼した方がお得と言えるでしょう。また、処分する不用品が複数ある場合、まとめて不用品回収業者に依頼すると合計の料金は安くなる場合もありますので、特に複数の不用品をまとめて処分する際は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者に依頼する場合
自分に合った料金プランなどを確認してから依頼するようにしましょう。

ガラスを自分で処分する際のポイント

ガラスを自分で処分する際のポイント

ガラスを安く処分したいため、自治体のサービスを利用して処分する方も多いでしょう。但し、ガラスを自分で処分する際は、誤ってガラスの破片で怪我をしないために気を付けるポイントもあります。

ここでは、ガラスを自分で処分する際のポイントを紹介します。

ガラスを自分で処分したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ポイント①粉砕する際は軍手を付ける

1つ目のポイントは「粉砕する際は軍手を付ける」です。

特にガラスを不燃ゴミで処分する場合、ガラスの破片が35cmより小さくないといけません。そのために、割れたガラス製品を自分で粉砕して、35cmより小さくするケースもあると思います。

ガラスを粉砕する際は必ず軍手を付けて作業するようにしましょう。ガラスの粉砕すると、想定したような形では割れずに、誤ってガラスの破片で手を切ってしまったりして、怪我をすることが非常に多くあります。

軍手が準備できない場合は、絶対にガラスを粉砕しないという位に重要なポイントです。忘れずに軍手を付けてから作業することを心掛けましょう。

ポイント②ガラスが大きい場合はガラスカッターを使う

2つ目のポイントは「ガラスが大きい場合はガラスカッターを使う」です。

大きいガラスを粉砕する場合は特に危険で、大きな怪我に繋がるリスクもあります。大きなガラスを粉砕する場合は、ガラスカッターを利用するのがおすすめです。ガラスカッターは工具などを販売しているホームセンター等に行けば、1,000円~2,000円程度で購入できます。簡易的なガラスカッターであれば、1,000円以内で購入できるものもあります。

ガラスカッターが準備出来ない場合、大きなガラスを粉砕するのは非常に危険なため、やめた方が良いでしょう。

ガラスカッターを購入する費用と同じ程度の金額で、不用品回収業者に回収を依頼できますので、手元にガラスカッターが無い方は無理に大きなガラスを粉砕せずに、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

ポイント③自治体によって処分方法が異なるので注意

3つ目のポイントは「自治体によって処分方法が異なるので注意」することです。

一般的にはガラスの破片が35cmより小さい場合は不燃ゴミとして処分し、35cm以上の場合は粗大ゴミとして処分します。しかし、自治体によっては、ガラスを不燃ゴミではなく、普通ゴミで処分する自治体もあります。また、粗大ゴミとして処分するサイズの基準も30mや50mなど自治体によって異なります。

ガラスを自治体のサービスを利用して処分する際は、必ずお住いの自治体での処分方法を確認してから処分するようにしましょう。

【事業者向け】廃ガラスの買取価格

【事業者向け】廃ガラスの買取価格

一般家庭ではなく、事業者の場合、一度に大量のガラス製品を処分するケースもあるでしょう。

ガラスもリサイクル対象の素材のため、1kg以上の大量のガラス製品を処分する場合は、リサイクル業者が素材として買い取ってくれる可能性があります。大量のガラス製品を処分する際に、リサイクル素材として買い取りを希望する場合は、廃ガラスの買取をおこなっているリサイクル業者に確認してみましょう。

リサイクル素材の買い取り価格は常に変動しており、処分するタイミングによって価格は変わる可能性があります。一般的な廃ガラスの買取価格は鉄くず等とほぼ同じ程度であり、1kgあたり40円~50円程度です。

高い買取価格ではありませんが、一度に大量のガラス製品を処分したい事業者の方であれば、処分費用が掛からずに処分できる可能性もあるため、一度チェックしてみると良いでしょう。

ガラスを処分する際によくある質問

ガラスを処分する際によくある質問

いざガラスを処分する場合に、どうしても割れ物のため、他の不用品と異なり、疑問に思う事も多いでしょう。実際にガラスの処分方法に困ってしまう方はとても多くいます。

ここでは、ガラスを処分する際によくある質問の例として、代表的な質問を紹介します。同じような点で悩んでいた方はぜひ参考にしてみてください。

割れてないガラスコップの捨て方は?

割れてないガラスコップを処分したい場合、捨て方はどうすれば良いのでしょうか。

割れてないガラスコップはリサイクル回収品となります。そのため、自治体のリサイクル回収の日に指定場所に出して処分します。お住いの自治体によって異なるため、自治体のリサイクル回収方法を確認してから捨てるようにしましょう。

但し、割れやすいガラスコップの場合、回収の指定場所に置いていた際に割れてしまう可能性も高いです。そのため、ガラス瓶などと違って、割れやすいガラスコップは、割れてない状態でも不燃ゴミとして処分するように決められている自治体も多くあります。

不燃ゴミでガラスを処分する場合
不燃ゴミとして処分する場合は、段ボールに入れたり、新聞紙にくるんだりした上で、「ガラス製品」「割れもの」などと目立つように表記して捨てるようにしましょう。

ガラスの処分方法6選まとめ

ガラスの処分方法6選まとめ

ガラスの処分方法6選を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ガラスはどうしても割れやすく、処分方法に困ることが多くあります。特に、処分する際に怪我をしてしまう可能性もあるため、処分方法には気を付ける必要があります。

処分にかかる費用だけはなく、安全面も含めて考えて、自分に合った処分方法を選ぶことをおすすめします。

回収事例

ECO助っ人の不用品回収事例をご紹介いたします。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

0000分現在お電話すぐに繋がります!
(現在:2名オペレーター対応可能)

マスコットキャラクターと背景
大見出しの飾り

対応エリア

全国の不用品、粗大ゴミ回収、遺品整理、ゴミ屋敷に対応可能。
365日営業しておりますので
お気軽にお問い合わせください。
ECO助っ人は買取サービスも対応しております。

トラックとマスコットキャラクター
対応地域拡大中!