エコ助っ人車

フライパンを処分する方法6選!自治体を利用して捨てる方法も解説

フライパンを処分する方法6選!自治体を利用して捨てる方法も解説

郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

フライパンの買い替えをする際、どのように処分すればいいかわからない人もいるでしょう。本記事では、フライパンは家庭ゴミで処分するのか、粗大ゴミで処分するのかを詳しく解説します。

また、記事の後半では自治体以外の処分方法も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

フライパンを処分する前に材質を確認

フライパンを処分する前に材質を確認

フライパンを処分する前に、どのような材質でできている製品かを確認しておきましょう。フライパンを処分する際には、材質によって処分方法が異なる可能性もあるので注意が必要です。

フライパンの材質を、大きく分けると以下の3つとなります。

フライパンの材質の種類
  • 金属(テフロン加工、ダイヤモンド加工、鉄など)
  • ホーロー
  • ガラス

フライパンは自治体のごみとして処分が可能

フライパンは自治体のごみとして処分が可能

フライパンは、自治体のごみとして処分することが可能です。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

フライパンを自治体のごみとして処分するには、大きさや材質などによって自治体でのごみの区分が異なります

基本的には30cm以上または50㎝以上は粗大ごみとして処分できる自治体が多く、粗大ごみのサイズに満たないフライパンは不燃ごみとして処分できるケースがほとんどです。自治体によって基準が異なるため、お住まいの地域の基準を調べてみるとよいでしょう。

なお、フライパンの大きさの基準は、取手を含めた大きさか、含めない大きさかも自治体によって異なります。代表的な都市のごみ区分や収集頻度の例は、以下をご覧ください。

区分 収集頻度
札幌市 燃やせないごみ 月1回
新潟市 燃やさないごみ 月1回
東京都世田谷区 不燃ごみ 月2回
名古屋市 不燃ごみ(30cmを超える場合も) 月1回
京都市 小型金属類(取手を除き、直径30cm以下のもの) 月1回
大阪市 資源ごみ(取手を除き、直径30cm以下のもの) 週1回
福岡市 燃えないごみ 月1回
那覇市 燃やさないごみ 月2回

フライパンを自治体のゴミとして出す場合の注意点

フライパンを自治体のゴミとして出す場合の注意点

フライパンを自治体のゴミとして処分する際には、いくつかの注意点があります。注意事項を守らずに出してしまうと、回収してもらえない恐れもあります。

ゴミを出す際の注意点は、以下となります。

フライパンをごみに出す際の注意点
  • 袋に「金属」「ガラス」「セトモノ」など注意書きをする
  • 蓋などがガラス製の場合は割れないように注意
  • 汚れが付着したまま捨てない

袋に「金属」「ガラス」「セトモノ」など注意書きをする

処分するフライパンをゴミ袋に入れる際は、フライパンの素材に応じて「金属」や「ガラス」「セトモノ」などを記載しましょう。フライパンは素材によって重かったり、割れやすかったりするので、ゴミの回収業者が注意できるよう配慮が必要です。

また、自治体によっては記載方法が指示されている場合もあるので、お住まいの自治体のホームページを確認してみるとよいでしょう。

蓋などがガラス製の場合は割れないように注意

フライパンの蓋などはガラス製のものも多く割れやすいため、注意が必要です。袋に「ガラス」と記載するだけでなく、割れて怪我しないように厚紙などで包んでから袋に入れるようにしましょう。

また、ゴミ捨て場に置く際にも他のゴミの上に置いてしまうと、滑り落ちて割れてしまう可能性もあります。置く場所にも、配慮しておくと安心です。

汚れが付着したまま捨てない

処分するフライパンがあまりにも汚れていた場合、汚れた状態でゴミ出しすると回収してもらえない自治体もあります。また、ひどい油汚れなどが付着していると、臭いがして近隣住民に迷惑が掛かるかもしれません。

フライパンを捨てる際は、事前にある程度の油汚れは落としてからゴミに出しましょう。ただし、錆汚れは、回収してもらえるケースがほとんどです。

わざわざ、フライパンの錆落としまでする必要はありません。

フライパンを自治体以外の方法で処分する方法

フライパンを自治体以外の方法で処分する方法

フライパンを自治体以外で処分したい場合、以下の方法から選ぶとよいでしょう。

フライパンを自治体以外の方法で処分する方法
  • 方法①リサイクルショップで売却する
  • 方法②販売店の下取りに出す
  • 方法③フリマアプリやジモティーなどで売却・譲渡する
  • 方法④不用品回収業者に回収してもらう
  • 方法⑤寄付をする

それぞれ詳しく紹介しますので、自分に合った方法を選んでください。

方法①リサイクルショップで売却する

1つ目は、リサイクルショップで売却する方法です。新品同様のフライパンや有名ブランドのフライパンの場合は、まず売却できないか検討することがおすすめです。

特に、1万円以上で購入したフライパンであれば、売却できる可能性が高いです。ただし、安いフライパンでも未使用であれば売れる可能性もあり、反対に有名ブランドであっても劣化がひどい場合は売却できません。

万が一買い取れない場合でも無料で引き取りを行っているお店もあるので、迷ったら査定に出してみるとよいでしょう。

方法②販売店の下取りに出す

ホームセンターでフライパンを新調する場合、手持ちのフライパンを下取りしてもらえる可能性もあります。近くのホームセンターで下取りを実施しているか、事前に確認してみるとよいでしょう。

また、有名ブランドのル・クルーゼでは、期間限定でフライパンの下取りを行っています。処分するタイミングで、下取りを行っていないか確認してみることをおすすめします。

方法③フリマアプリやジモティーなどで売却・譲渡する

リサイクルショップと同様に新品同様もしくは有名ブランドのフライパンの場合は、フリマアプリやジモティーで売却できる可能性があります。ただし、リサイクルショップに比べ、フリマアプリは出品・やりとり・発送の手間が発生することを理解しておきましょう。

しかし、上手に売却できれば、リサイクルショップよりも高く売れます。あらかじめ同じ商品がいくらで購入されているか、チェックしてみるとよいでしょう。

また、ジモティーの場合は、売れなくても譲渡できる可能性があります。相手が近くの方で直接渡すことができれば、送料や処分費用が掛からずに処分できるかもしれません。

方法④不用品回収業者に回収してもらう

手軽にフライパンを処分したい方やフライパン以外にも処分したいものがある方は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。自治体によるゴミの回収では基本的に月1回の回収日に出す必要がありますが、不用品回収業者であれば任意の日時に回収に来てもらえます

また、不用品回収業者は自宅までトラックで回収しに来てくれ、たくさんのものを処分したい場合に分別をする必要もありません。重いものを処分したい場合、搬出作業も任せることができます。

ただし、フライパン単品の回収だと、割高になるケースもあるので注意が必要です。

方法⑤寄付をする

不要なフライパンがある場合、「寄付」という形を選ぶのもよいでしょう。まだまだ使えるフライパンの場合、国内や海外に寄付するものを送ってくれる団体があります

国内の寄付先を選べる「KIFUcoco」やアジアの発展途上国に寄付できる「ECO Trading」は、ダンボールに不用品を詰めて送るだけで寄付先まで届けてくれる団体です。社会に貢献したいと考える場合は、寄付も検討してみるとよいでしょう。

ただし、いずれも郵送料は自己負担となります。

フライパンの処分にかかる費用相場

フライパンの処分にかかる費用相場

自治体のごみとして処分 数円~十数円程度
フリマアプリで売却する 無料(むしろ2,000円~プラスになる可能性)
不用品回収業者に依頼する 1,000円~

フライパンの処分にかかる費用を、それぞれ比較しています。フライパンを処分する際、参考にしてください。

自治体の家庭ゴミとして処分する場合は、処分時に使用するゴミ袋代しかかかりません。ゴミ袋は自治体によって指定のものがある場合もありますが、数十円程度しかかからないでしょう。

フリマアプリで処分する場合、売れるフライパンであれば処分費用がかかるどころかプラスとなります。ただし、送料や手数料も考慮して値段設定しないと、マイナスとなってしまう恐れもあります。

不用品回収業者に依頼する場合は、状態やブランドにもよりますが1,000円程度が相場です。他の処分方法と比べて割高ですが、他にも処分したいものがある場合は、お得なパック料金などが適用されることもあります。

こんな場合は不用品回収業者の利用がおすすめ

こんな場合は不用品回収業者の利用がおすすめ

不用品回収業者の利用がおすすめなケース
  • フライパン以外にも処分したい物がある
  • キッチン全体や部屋全体を整理したい

上記に該当する場合は、不用品回収業者へ依頼するのがおすすめです。特に、引っ越しや断捨離にあたってフライパン以外にも処分したいものがある方は、不用品回収業者を検討してみるとよいでしょう。

不用品回収業者はトラックなどで自宅まで回収しに来るため、単品よりも複数~大量に依頼した方がお得になりやすい傾向にあります。また、タンスや食器棚など大型の不用品を処分したい場合は搬出するのが大変ですが、不用品回収業者であれば分別から搬出まで全て任せることができます。

また、引っ越しなどで、次の家庭ゴミの収集日や粗大ゴミの回収日を待てない方もいるでしょう。不用品回収業者であれば、自分が指定した時間に取りに来てもらえるので忙しい方にもおすすめです。

不用品回収業者を選ぶ際のポイント

不用品回収業者を選ぶ際のポイント

不用品回収業者を選ぶ際には、以下のポイントを理解しておきましょう。

不用品回収業者を選ぶ際のポイント
  • ポイント①一般廃棄物処理業許可を持っているか
  • ポイント②会社の所在地はホームページやチラシに記載されているか
  • ポイント③作業スタッフは自社スタッフか
  • ポイント④見積金額は極端に安くないか
  • ポイント⑤実際に利用した人の口コミは必ずチェックしよう

不用品回収業者の中には、悪徳業者も存在します。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

悪徳業者に引っかからないためにも、きちんと見極めることが大切です。

ポイント①一般廃棄物処理業許可を持っているか

不用品回収業者は、「一般廃棄物処理業許可」の取得が必須です。万が一般廃棄物処理業の許可を得ていなかった場合は、悪徳業者の恐れがあるため依頼しないようにしましょう。

不用品回収業者は、通常許可の取得状況を会社のホームページに記載しているのでチェックしてみるとよいでしょう。

ポイント②会社の所在地はホームページやチラシに記載されているか

見積もりを依頼する前に、ホームページやチラシに会社の所在地が記載されているかも確認しておきます。電話番号があやふやに記載されている場合やホームページがない会社は、要注意です。

また、フームページやチラシに電場番号が固定電話ではなく携帯電話で記載されている場合も、注意したほうがよいでしょう。

ポイント③作業スタッフは自社スタッフか

不用品回収を依頼する際は、当日の作業を下請けや提携業者に任せていないか確認しておきます。下請けや提携業者が悪いわけではないですが、自社スタッフにより責任をもって作業してもらえる方が安心ですね。

また、下請けや提携業者に任せている場合、手数料が含まれ費用が高くなる可能性があります。作業の丁寧さと費用の観点から、自社スタッフが作業する不用品回収業者の方がおすすめです。

ポイント④見積金額は極端に安くないか

不用品回収業者に回収をお願いする前に、見積もりを依頼してください。複数の業者から相見積もりをとって決めるとよいですが、他社よりも極端に安すぎる場合は要注意といえるでしょう

過去には、適切な処分を行わず不法投棄を行っていた悪質な不用品回収業者によるトラブルが発生したケースがあります。また、反社会的勢力による脅迫などの被害に至ったケースもあります。

不用品回収業者に依頼する場合は、事前に費用相場を調べるか相見積もりを取って比べるとよいでしょう。

ポイント⑤実際に利用した人の口コミは必ずチェックしよう

不用品回収業者に依頼する前に、会社のホームページや口コミサイトの評判もチェックしておくとよいでしょう。あまりにも口コミが少ない場合や記載がないサイトは、実績が少ない恐れがあります。

口コミが記載されていたとしても、悪評が多すぎる場合も注意が必要です。また、ある程度有名になれば悪い口コミが書かれることもあるので、悪い口コミが書いてあったからと言って必ずしも悪質業者というわけではないことは理解しておきましょう。

フライパンを手軽に処分するならECO助っ人

フライパンを手軽に処分するならECO助っ人

フライパンを手軽に処分したい方は、ECO助っ人にお任せください。ECO助っ人では現在、最大10,000円もお得になるWEB限定の割引キャンペーンを実施しています。

ECO助っ人の魅力

ECO助っ人

おすすめポイント WEB割キャンペーン実施中
料金 1㎡:10,000円~(税込)
1.5㎡:15,000円~(税込)
3㎡:25,000円~(税込)
対応速度 24時間265日対応
回収可能な不用品 家具・家電・日用品・自転車・危険物など
買取制度 あり
電話番号 0120-633-015
公式ホームページ https://eco-suketto.jp/

ECO助っ人は年間20,000件以上の実績があり、価格に自信のある業界最安値の不用品回収業者です。わかりやすい定額パックを提供しているため安心してご利用いただけます。

ECO助っ人では不用品回収と同時に買取サービスも実施しており、さらに回収費用を抑えられる可能性もあります。不用品の回収はフライパン1点のみから、ゴミ屋敷全てのゴミまで幅広く対応いたしております。

メールやLINEでの簡単見積もりも可能のため、不用品の処分を検討している方はお気軽にご相談ください。

【まとめ】フライパンの処分方法

【まとめ】フライパンの処分方法

フライパンを買い替える際、使わなくなったフライパンは不燃ゴミとして処分できる自治体が一般的です。また、自治体以外で処分したい場合は、リサイクルショップやフリマアプリなどでの売却、下取り、不用品回収業者に依頼する方法があります。

処分方法によって費用や手間は異なりますが、手軽に処分したい方は不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。不用品回収業者では、フライパン以外も一気にまとめて回収が可能です。

引っ越しなどに伴い急ぎで処分したい方も、ぜひ一度検討してみませんか。

不用品回収業者エコ助っ人

回収事例

ECO助っ人の不用品回収事例をご紹介いたします。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収前の画像
ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収後の画像
事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

`不用品回収前の画像
不用品回収後の画像
事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
事例1東京都世田谷区のお客様
ソファー・テーブル・テレビの回収前
ソファー・テーブル・テレビの回収後

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様
パソコンデスクと棚の回収前の画像
パソコンデスクと棚の回収後の画像

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

0000分現在お電話すぐに繋がります!
(現在:2名オペレーター対応可能)

マスコットキャラクターと背景
大見出しの飾り

対応エリア

全国の不用品、粗大ゴミ回収、遺品整理、ゴミ屋敷に対応可能。
365日営業しておりますので
お気軽にお問い合わせください。
ECO助っ人は買取サービスも対応しております。

トラックとマスコットキャラクター
対応地域拡大中!