エコ助っ人車

座椅子の適切な捨て方8選|費用や処分目安についても解説

座椅子の適切な捨て方8選|費用や処分目安についても解説

郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

AさんAさん

座椅子を捨てたいけどどうすればいいの..?

座椅子はリビングルームや寝室などで快適にくつろぐための家具ですが、使い古したり、汚れたり、壊れたりした場合は処分する必要があります。しかし、座椅子の捨て方は種類や素材・各自治体のルールによって違うため、一般的な家具とは異なる場合があります。

本記事では、座椅子の捨て方について基本的な方法や注意点を紹介します。

座椅子の種類や機能について

座椅子の種類や機能について

座椅子は、「床に直接座る」という世界的にも珍しい文化を持つ日本で独自に進化した脚のない椅子のことです。とくに和室やリビングなどで使われることが多く、快適な座り心地を提供します。

座椅子にはさまざまな種類や機能がありますが、本項目では代表的なものを紹介します。

背もたれの高さ

座椅子は、背もたれの高さによってローバック・ミドルバック・ハイバックの3種類があります。背もたれの高さが低いローバックやミドルバックは圧迫感が少なく、持ち運びや収納がしやすいです。

背もたれの高さが首のあたりまであるハイバックは、しっかりと背中を包み込むためリラックスでき、長時間座っていても疲れを感じにくいでしょう。ただし、灰バックの座椅子は場所をとるので、座椅子を置くスペースに余裕があるか確認する必要があります。

リクライニング機能

リクライニング機能は、背もたれの角度を調節できる機能のことです。座椅子にリクライニング機能があると、座る時や寝転ぶ時に自分の好みに合わせて背もたれの角度を変えることができます。

リクライニング機能には、固定式や無段階式・段階式などの種類があります。固定式は、背もたれの角度を一定に固定するタイプでシンプルで安定感があるのが特徴といえるでしょう。

無段階式は、背もたれの角度を自由に調節できるタイプで柔軟性や使いやすいという特徴があります。

ひじかけ

ひじかけは、座椅子の両側にある部分で腕を置くことができる部分です。ひじかけがあると、腕や肘に負担をかけずにリラックスできます。

ひじかけは、取り外し可能なものや高さ調節可能なものなどがあり、取り外し可能なひじかけは使わない時に外すことができるため省スペースになるでしょう。高さ調節可能なひじかけは、自分の腕の長さに合わせて高さを変えることができるので快適さが向上します。

座れる人数

座椅子は、一人用、二人用、三人用など座れる人数によって分類されます。一人用の座椅子はコンパクトで移動しやすいことが特徴で、複数並べて使うこともできます。

二人用や三人用の座椅子は、ソファのようにくつろげることが魅力です。

座椅子に使われる素材

座椅子に使われる素材には、木製・金属製・プラスチック製などがあります。木製の座椅子は、自然な雰囲気を演出できることが特徴です。

金属製やプラスチック製の座椅子は、軽量で丈夫なことが特徴です。また、座面や背もたれには、布製や合皮製などのカバーが付いていることが多くカバーを取り外して洗えます。

座椅子を処分する目安や寿命は?

座椅子を処分する目安や寿命は?

座椅子はリビングや和室でくつろぐ際に便利な家具ですが、長く使っていると汚れや劣化が気になります。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

一般的には座椅子の寿命は、5年から10年程度といわれています。

ただし、座椅子の寿命は使用頻度や環境・素材や品質によって違いがあります。また、座椅子を処分する目安は、快適さがなくなる・座面や背もたれがへたる・表面の生地が破れる・色あせ・シミや汚れが目立つなどの状態になったときと考えられます。

座椅子の処分方法8選

座椅子の処分方法8選

座椅子は便利な家具ですが、使わなくなったり、汚れたり、壊れたりした場合はどうすればいいでしょうか?座椅子の処分方法は、リサイクルする場合や自治体の粗大ごみ回収に出す場合などさまざまあります。

本項目では、座椅子の処分方法を8つ紹介します。

座椅子の処分方法8選
  • 自治体の粗大ゴミとして処分する
  • 自治体の一般ゴミとして分別して処分する
  • 友人や知人に譲る
  • ジモティーや地域の広報誌などで欲しい人を探し譲る
  • フリマアプリやオークションに出品する
  • リサイクルショップに持ち込む
  • ニトリの家具の引き取りサービスを利用する
  • 不用品回収業者に依頼する

自治体の粗大ゴミとして処分する

座椅子は、自治体で粗大ゴミとして処分することができます。ただ、自治体の粗大ゴミとして処分する場合は、処分費用・回収の申し込み方法など自分の住んでいる地域のルールを確認しましょう。

本項目では、例として東京都中野区の場合を紹介します。

座椅子を自治体の粗大ゴミ戸別収集を利用して処分する

STEP.1
粗大ゴミの申し込み
電話申し込みかインターネット申し込みの2種類があります。どちらの方法でも、申し込み時に「座椅子の寸法」「有料粗大ごみ処理券の必要な枚数・種類」「粗大ごみの出す日・場所」を確認する必要があります
STEP.2
粗大ゴミの料金の確認
粗大ゴミ処理券は、処理券A(200円)と処理券B(300円)があります。座椅子の場合は、一般的に「処理券A」を2枚貼る必要があります。
ただし、座椅子のサイズや形状によっては、処理券の枚数や種類が異なる場合があるので申し込み時に確認してください。
STEP.3
粗大ゴミ処理券の購入
粗大ゴミ処理券は、コンビニやスーパーなどで購入できます。座椅子に粗大ごみ処理券を貼付し、収集日と名前(または4桁の受付番号)を記入します。
STEP.4
座椅子を指定された場所に出す
収集日の朝8時までに、収集場所に座椅子を出します。

座椅子を自治体の指定ゴミ処理施設に自分で持ち込み処分する

座椅子は、自分で自治体の指定ゴミ処理施設に運びこみ処分することができます。たとえば中野区の場合は、「中野清掃工場」に持ち込むことができます。持ち込み可能な時間は、月曜日から土曜日の午前9時から午後3時まで(日曜日、祝日、年末年始を除く)です。

座椅子の持ち込みの際には受付窓口で受付票と有料粗大ごみ処理券を提示し、指示に従って座椅子を指定された場所に置きましょう。中野清掃工場の所在地は、東京都中野区中央5-25-1です。

自治体の一般ゴミとして分別して処分する

座椅子を一般ゴミとして出す場合は事前に申し込みは不要ですが、座椅子を解体し可燃ゴミや不燃ゴミの袋に入るサイズにしなければなりません。解体する際には、座椅子の内部にある金属や木材などを切断する必要がありますので、ケガをしないように注意しましょう。

解体した座椅子は、可燃ごみや不燃ごみの収集日にそれぞれの袋に入れて出せば無料で処分できます。

友人や知人に譲る

座椅子がまだ使える状態であれば、友人や知人に譲ることが一番簡単な方法です。座椅子を欲しい人がいれば、引き取ってもらえる可能性が高く運ぶ手間も省けます。

ただし、譲る相手を探すのに時間がかかる場合や座椅子のサイズや色が相手の好みに合わない場合は、他の方法を検討する必要があります。

ジモティーや地域の広報誌などで欲しい人を探し譲る

友人や知人に譲ることができない場合は、ジモティーや地域の広報誌などで欲しい人を探すことも一つの方法です。ジモティーや地域の広報誌は、地域の人と物品を交換したり無料で譲ったりすることができるサービスです。

座椅子を出品するときは、写真や状態を詳しく記載し自宅まで取りに来てもらうことを条件にすると良いでしょう。ジモティーや地域の広報誌などを利用することで座椅子を無駄に捨てずに済み、地域のコミュニティに貢献できます。

フリマアプリやオークションに出品する

フリマアプリやオークションに、座椅子を出品することができます。座椅子を出品するときは、写真や状態を詳しく記載し送料や発送方法を明確にすることが重要です。

フリマアプリやオークションに出品することで座椅子を処分するだけでなく、少しでもお金に換えることができます。ただしフリマやオークションでは、出品手数料や発送費用がかかる場合もあるので注意しましょう。

リサイクルショップに持ち込む

座椅子がまだ使える状態であれば、リサイクルショップに持ち込むことでお金に換えられます。リサイクルショップでは、家具や家電などの不用品を買い取るため、状態が良い座椅子であれば売却できるかもしれません。

ただリサイクルショップに持ち込む際には、車やトラックなどの大きな車両が必要になる場合もあります。

ニトリの家具の引き取りサービスを利用する

ニトリでは、新しく家具を購入した際に古い家具を引き取ってくれるサービスを提供しています。家具の引き取りサービスは、ニトリで購入した家具だけでなく他社で購入した家具でも利用可能です。

ただし、ニトリでは引き取り可能な家具が限られており、一部の家具は対象外となる可能性があるため購入する際は引き取りが可能かを確認しましょう。

不用品回収業者に依頼する

座椅子が壊れていたり汚れていたりしてリサイクルショップなどで引き取ってもらえない場合は、不用品回収業者にお願いすることもできます。不用品回収業者は、家具や家電などの不用品を自宅から回収してくれます。

座椅子の処分費用は大きさや種類などによって異なりますが、一般的には数千円から数万円程度です。ただし、不用品回収業者に依頼する際には、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

中には、不当な高額請求や強引な営業を行う悪徳業者も存在しますので、注意しましょう。

座椅子の処分にかかる費用の目安

座椅子の処分にかかる費用の目安

座椅子の処分方法は、自治体の粗大ゴミ回収や不用品回収業者の引き取りまたはフリマサイト・オークションに出品するなどの方法があります。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、処分費用も異なっています。

本項目では、座椅子の処分にかかる費用の目安を紹介します。

自治体の粗大ゴミとして処分する 約200円~3,000円
自治体の可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分する 数100円程度
フリマサイト・オークションに出品する 売れた金額により、出品手数料として約1割
ニトリの家具の引き取りサービスを利用する ニトリの引き取りサービスは、1配送につき4,400円
不用品回収業者を利用する 約1,000~3,000円

座椅子を簡単に処分するなら不用品回収業者の利用がおすすめ

座椅子を簡単に処分するなら不用品回収業者の利用がおすすめ

自治体のゴミ回収に出すには、運搬やゴミ処理券の手配などの手間がかかりますし、自分で持ち込むには車が必要です。一方、不用品回収業者を利用すると、座椅子を簡単に処分できます。

本項目では、不用品回収業者に依頼することをおすすめする理由3つを紹介します。

座椅子処分を不用品回収業者に依頼するおすすめの理由
  • 自分の好きなタイミングで座椅子を処分できる
  • 座椅子以外の不用品もまとめて処分することができる
  • 自治体での処分で発生する運搬やゴミ処理券などの手間がかからない

自分の好きなタイミングで座椅子を処分できる

不用品回収業者は、電話やインターネットで予約するだけで自宅まで来てくれるため、自分の都合のいい日時に座椅子を処分できます。また、不用品回収業者のスタッフが部屋の中から直接運び出してくれるため、座椅子を自分で運び出す必要がありません。

重たい座椅子を運ぶことは大変ですが、不用品回収業者を利用することで家から運び出す負担を軽減できます。

座椅子以外の不用品もまとめて処分することができる

不用品回収業者は、座椅子だけでなく他の家具や家電などの不用品も回収してくれます。自治体の粗大ゴミ回収では大型ごみや有害物質を含むごみは別途手続きが必要ですし、一度に出せる量にも制限があります。

不用品回収業者を利用すれば、面倒な手続きなどの手間がかからず座椅子と一緒に処分したい不用品も一気に片付けられます。

自治体での処分で発生する運搬やゴミ処理券などの手間がかからない

自治体のゴミ回収では、座椅子を指定された場所まで運ばなければなりませんし、ゴミ処理券も購入して貼らなければなりません。また、自治体での処分は時間や面倒な手続きが必要になり、忘れたり間違えたりすると再度手続きが必要です。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

不用品回収業者を利用すると、自治体での処分で発生する運搬やゴミ処理券などの手間がかかりません。

座椅子の処分ならECO助っ人にお任せください

座椅子の処分ならECO助っ人にお任せください

座椅子は大きくて重いので、自分で処分することは大変です。また、悪質な不用品回収業者に頼むと、高額な料金がかかることもあります。

ECO助っ人では回収した不用品は、適切な方法で処理しています。座椅子の処分をお考えの方は、是非ECO助っ人にお任せください。

ECO助っ人は業界最安値を目指しており、他社より1円でも高ければすぐにご相談いただければお客様にご納得いただけるように尽力いたします。

ECO助っ人ではトラックを多数配備しておりますので、お電話一本で即日お伺いすることが可能です。また、 不用品回収だけでなく買取も対応し海外への販売を行っているため、高価買取に自信がございます。

さらに、お客様の70%が女性のお客様のため、女性の方にも安心してサービスをお使いいただけるようにサービス品質向上やスタッフ教育にも努めております。

ECO助っ人

対応速度 最短即日
回収可能な不用品 家具、家電、日用品、その他
買取制度 あり
電話番号 0120-579-032
公式ホームページ https://eco-suketto.jp/

【まとめ】座椅子は正しく自分に都合のよい方法で処分しよう

座椅子は正しく自分に都合のよい方法で処分しよう

座椅子の処分方法は、粗大ごみとして出す、家具店に引き取ってもらう、不用品回収業者に依頼する、自分で解体するなどがあり、それぞれの処分方法にはメリットとデメリットがあります。そのため、座椅子を処分したいときは、自分の都合や状況に合わせて処分方法を選ぶことが大切です。

本記事で紹介した座椅子の処分方法を参考に、自分に合った正しい方法で座椅子を処分しましょう。

不用品回収業者エコ助っ人

回収事例

ECO助っ人の不用品回収事例をご紹介いたします。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収前の画像
ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収後の画像
事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

`不用品回収前の画像
不用品回収後の画像
事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
事例1東京都世田谷区のお客様
ソファー・テーブル・テレビの回収前
ソファー・テーブル・テレビの回収後

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様
パソコンデスクと棚の回収前の画像
パソコンデスクと棚の回収後の画像

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

0000分現在お電話すぐに繋がります!
(現在:2名オペレーター対応可能)

マスコットキャラクターと背景
大見出しの飾り

対応エリア

全国の不用品、粗大ゴミ回収、遺品整理、ゴミ屋敷に対応可能。
365日営業しておりますので
お気軽にお問い合わせください。
ECO助っ人は買取サービスも対応しております。

トラックとマスコットキャラクター
対応地域拡大中!