エコ助っ人車

電気ケトルの捨て方5選|自治体や自治体以外での処分方法を紹介

電気ケトルの捨て方5選|自治体や自治体以外での処分方法を紹介

郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

電気ケトルは家電の中でも処分の仕方が分かりにくい品のひとつです。なぜなら、電気ケトルはサイズがさまざまで住んでいる自治体によって処分する際の分別方法が変わるからです。

電気ケトルを処分したい場合は、住んでいる自治体のルールに従って処分する方法と、自治体以外で処分する方法があります。電気ケトルの状態や、ご自身の状況によって適した捨て方は異なりますので、電気ケトルの処分方法を確認していきましょう。

電気ケトルを住んでいる自治体で捨てる方法

電気ケトルを住んでいる自治体で捨てる方法

電気ケトルを自治体で処分するには、地域ごとに不燃ゴミや粗大ゴミ、小型家電リサイクル法に基づいて回収する方法があります。自治体によって仕分けの基準が違いますので、電気ケトルを捨てる際にはお住まいの地域の処分方法を確認して正しく処分しましょう。

それでは、自治体での基本的な処分の流れを名古屋市を例に挙げて紹介していきます。

電気ケトルを住んでいる自治体で捨てる方法
  • 自治体の不燃ゴミとして処分する
  • 自治体の粗大ゴミとして処分する
  • 小型家電リサイクルボックスに入れて処分する

電気ケトルを自治体の不燃ゴミとして処分する

電気ケトルの処分方法は自治体により扱いがさまざまですが、基本的にはコンセントを使う電気製品に分類されます。たとえば名古屋市ではアイロンなどコンセントを使う小型電気製品は不燃ゴミに出せることになっています。

自治体の不燃ごみ用指定袋がありますので、指定袋を購入し月1回の収集日に出しましょう。30センチ角を超える品物は粗大ゴミの扱いになるので不燃ゴミでは出せません。

大きめの電気ケトルを処分する際にはサイズを確認してからゴミに出しましょう。

電気ケトルを不燃ゴミとして取り扱う自治体例
電気ケトルは名古屋市のほかに東京都特区、札幌市、仙台市、新潟市、さいたま市、千葉市、静岡市、大阪市、福山市、福岡市などで不燃ごみとして取り扱われています。

電気ケトルを自治体の粗大ゴミとして処分する

サイズの大きい電気ケトルは粗大ゴミになります。たとえば、名古屋市では30センチ角を超える品物は傘・食器・調理器具・清掃用具など一部例外を除き粗大ゴミになります。

なお粗大ゴミは通常の可燃ゴミの処分などと異なり、事前予約制の自治体がほとんどです。ご自身が住んでいる自治体のルールに従って粗大ゴミとして処分しましょう。

電気ケトルを自治体の粗大ゴミ戸別収集を利用して処分する

実際に粗大ゴミを出す際の基本的な流れを名古屋市を例にあげて紹介します。名古屋市の粗大ゴミは事前予約をして戸別収集にきてもらうことが可能です。

指定袋は必要ありませんが、手数料納付券を購入して粗大ごみに貼っておくことになっています。それでは、粗大ゴミ戸別収集の手順を確認していきましょう。

STEP.1
事前予約
インターネットか電話で収集日の予約をします。
STEP.2
手数料納付券購入
公共施設やスーパーで手数料納付券を購入します。
STEP.3
収集日までの準備
納付券に受付番号を記入して粗大ごみに貼り付けます。
STEP.4
収集日当日
指定された場所に粗大ごみを出して完了です。
注意点

申し込みから収集までは期間がかかります。特に年末年始や休日明けは大変混雑しますので早めの予約をおすすめします。

電気ケトルを自治体の指定ごみ処理施設に自分で持ち込み処分する

自治体の粗大ごみ処分方法は、戸別収集以外に指定のごみ処理場に自分で持ち込みできる地域もあります。車をお持ちの方であれば他の不用品と一緒に電気ケトルを持ち込むことも可能です。

たとえば名古屋市では、「大江破砕工場」に自分で直接搬入することができます。搬入前に区の環境事務所で受付をして搬入後に出したごみ分の料金を支払うシステムなので、車をお持ちの方は電気ケトルや家庭ででたゴミを運ぶこともできますね。

自治体によってはゴミの種類で搬入先が違うことがあるので、車に積荷する際にあらかじめゴミを分別しておくと荷下ろしがスムーズです。

電気ケトルを小型家電リサイクルボックスに入れて処分する

電気ケトルは小型家電リサイクル法の対象品目としてリサイクルしている自治体もあります。小型家電リサイクル法は電気・電池で動く製品に含まれる資源の再利用を目的とした法律で、自治体によって回収する品目が異なるという特徴があります。

例えば名古屋市では、区役所や総合スーパーに回収ボックスを設置し小型家電の回収をしています。回収できるサイズは決められているので電気ケトルの大きさによっては回収できませんが、ケーブルなどの付属品は回収ボックスで処分できます。

自治体以外で電気ケトルを処分する方法

自治体以外で電気ケトルを処分する方法

自治体での処分は特に粗大ゴミの場合は、事前予約が必要であったり、処理手数料券の購入が必要であったりと、意外と手間がかかります。本章では、住んでいる自治体以外で電気ケトルを処分する方法について紹介していきます。

処分方法ごとに、おすすめのケースも紹介するので参考にしていただき、ご自身に最適な電気ケトルの処分方法を検討してみてください。

自治体以外で電気ケトルを処分する方法
  • 友人や知人などに譲る
  • フリマサイトやオークションに出品する
  • リサイクルショップで引き取ってもらう
  • 不用品回収業者を利用する

電気ケトルを友人や知人などに譲る

「友人や知人などに譲る」のがおすすめのケース
  • 未使用の電気ケトルを処分したい
  • 買い替えを検討している

電気ケトルは、小さいものから大きめのものまでサイズがさまざまあります。たとえば小さな電気ケトルは1人暮らしであれば便利ですが、家族構成が変わり大人数になると不便に感じることもありますよね。

あまり使わなかったケトルや買い替えて不要になったケトルは、友人や知人で欲しい人に譲れば処分費用もかからず相手にも喜んでもらえます。ただし、友人だからと押し付けるようなことはせずきれいな状態にしてから渡すようにしましょう。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

譲る前にまずは電気ケトルの状態を譲る相手に確認してもらい、双方納得のうえで譲渡すると安心です。

電気ケトルをフリマサイトやオークションに出品する

「フリマサイトやオークションに出品する」のがおすすめのケース
  • 高く売却したい
  • すぐ処分しなくてもよい

電気ケトルを売却したい人はフリマサイトやオークションに出品する方法があります。フリマサイトやオークションはスマホひとつで簡単に出品できて、人気のメーカーや、年式やデザイン次第では高値で売れる可能性もあります。

ただし、出品してもすぐに売れなかったり、入金まで時間がかかったりすることもありますので、すぐに処分したい人には向きません。さらに梱包や配送の手配などもすべて自分で行う必要があるため、時間と手間を惜しまずできる人向きの処分方法です。

電気ケトルをリサイクルショップで引き取ってもらう

「リサイクルショップで引き取ってもらう」のがおすすめのケース
  • すぐに売却したい
  • 平日忙しくて自治体で処分する時間がない

すぐに売却したい人は、リサイクルショップに持ち込めばその場で査定してもらい現金に換えられます。平日忙しくて自治体のごみで出せない人でも、土日営業しているリサイクルショップなら利用しやすいのもメリットです。

しなしながら、使えない壊れたケトルや傷が目立つケトル、部品が足りないケトルは査定をお願いしても買取り対象にならないことがあります。買取不可の場合は持ち帰らなければならないこともありますので、心配であれば買取り対象になるかまずはリサイクルショップに問い合わせてみてもよいでしょう。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

新品未使用の電気ケトルは買取してもらえるケースが多いので、リサイクルショップに引き取ってもらうとよいでしょう。

電気ケトルを不用品回収業者を利用して処分する

「不用品回収業者を利用する」のがおすすめのケース
  • 他にも処分したい不用品がある
  • 手間をかけずにすぐに処分したい

電気ケトル以外にも処分したい不用品がある人は、不用品回収業者にきてもらうとまとめて回収してくれるので大変便利です。不用品1点からエリアによっては即日回収もありますので手間なくその日のうちにケトルの処分ができますよ。

不用品回収業者の回収は費用がかかりますが、買取りサービスをしている業者であれば買取り分安くなるのでお得です。ケトルの買取り査定をしてくれて値がつかなくてもそのまま回収してくれるので便利ですね。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

不用品回収業者は土日祝日、早朝から深夜まで営業している業者もたくさん存在しています。平日の日中など時間がとれない人、自分のタイミングで不用品や電気ケトルを処分したい人には利用をおすすめします。

電気ケトルを売却したり譲渡したりする場合の注意点

電気ケトルを売却したり譲渡したりする場合の注意点

電気ケトルの売却や譲渡を考えているのであれば、ケトルはできるだけきれいな状態にしておきましょう。次の注意点を押さえて事前に準備しておくと売却や譲渡する時に慌てないで済みますし、査定額も高くなるかもしれません。

注意点
  • 電気ケトルを掃除し綺麗にしておく
  • 電気ケトルの付属品を揃えておく

電気ケトルを掃除し綺麗にしておく

売却したり譲る時には電気ケトルをきれいに掃除してから渡しましょう。ケトル内の汚れは水垢なので柔らかいスポンジで擦れば落ちます。

水垢は人体に影響するものではありませんが、お湯に臭いがついたり飲み物の風味を損ないます。売却する時も査定に影響してしまいます。

ケトル内の汚れが落ちない時は専用洗剤を利用するとよいですが、洗剤がない時はクエン酸と水がおすすめです。ケトルに水を入れクエン酸を大さじ1〜2杯入れて沸騰させ、2時間ほど放置してから水ですすぐときれいになります。

電気ケトルの付属品を揃えておく

電気ケトルの付属品はできるだけ揃えておきましょう。リサイクルショップなどでの売却では、電源プレートがないと売却できないこともあります。

取り扱い説明書や空き箱も取っておけば査定が高くなりやすいので、売却を前提とするのであれば、購入した時点できれいに保管しておくとよいでしょう。内ぶたのパッキンは消耗品なので汚れやギズでボロボロになりますが、人に譲るのであれば取り替えてあげると喜ばれます。

電気ケトルを捨てる際にかかる費用の相場はどれぐらい?

電気ケトルを捨てる際にかかる費用の相場はどれぐらい?

電気ケトルの処分には費用がかかります。チラシなどで不用品の無料回収を謳う業者がいますが、依頼後に予想外の高額請求をしてくるような悪質な業者も存在しますのでご注意ください。

電気ケトルの処分にかかる金額は処分する方法によってさまざまですが、処分費用が安いとその分処分に手間がかかり、費用が高いと処分する手間と時間が省ける傾向があります。すぐに処分したい、ついでに他の品物も処分したいなど自分の都合に合わせて上手に使い分けられると不用品の処分がはかどります。

自治体の不燃ゴミとして処分する 100~400円(税込)/指定ごみ袋代
自治体の粗大ゴミとして処分する 250〜750円/手数料
フリマサイトやオークションに出品する 900〜2,000円/販売手数料・配送料・振込手数料
リサイクルショップに引き取ってもらう 無料(買取りあり)
不用品回収業者を利用する 500〜1,000円/単品(買取りあり)

電気ケトルを手軽に捨てるときは不用品回収業者の利用がおすすめ

電気ケトルを手軽に捨てるときは不用品回収業者の利用がおすすめ

電気ケトルを手軽に処分したければ、不用品1点から回収にきてくれる不用品回収業者がおすすめです。不用品回収業者は電気ケトルのサイズや素材にかかわらず最短即日の回収・買取り可能なので電話一本ですぐに処分できます。

エコ助っ人スタッフエコ助っ人スタッフ

業者によって、料金体系や利用できるサービスは異なります。ご自身の住んでいるエリアで営業している不用品回収業者のなかから、2〜3社ほど見積もりをとり比較することをおすすめします。

電気ケトルを捨てたいときは「ECO助っ人」へおまかせ!

ECO助っ人

ECO助っ人は年間20,000件の回収実績がある安心して利用できる不用品回収業者です。全国に拠点をおき、24時間365日対応で時間指定もできますのでご自分の都合に合わせていつでもご利用いただけます。

最短即日回収も可能ですので急いで処分したい時にも安心です。電気ケトル1点から大量の不用品までどんなものでも回収しますので引越しや遺品整理のごみ処分もご相談ください。

最大10,000円お得になるWEB割引キャンペーン実施中です。

おすすめポイント 不用品1点から大量のごみまで回収可能な不用品回収業者
料金 5,000円(税込)/SSパック~
対応速度 最短即日対応
回収可能な不用品 家具・家電・日用品など
買取制度 高価買取あり
電話番号 0120-555-749
公式ホームページ https://eco-suketto.jp/

自分に適した方法で電気ケトルを捨てよう

自分に適した方法で電気ケトルを捨てよう

電気ケトルはサイズ・素材によって捨て方が異なる品物です。自治体ごとに収集方法がありますのでお住まいの地域のルールに従って正しく捨てましょう。

状態がよければ売却も可能ですし、売却や譲渡はごみ減量にもなり社会貢献につながります。電気ケトルをはじめ、不用品を処分したいタイミングはそれぞれですので、紹介した処分方法を参考に自分に適した方法で処分してください。

不用品回収業者エコ助っ人

回収事例

ECO助っ人の不用品回収事例をご紹介いたします。

事例1東京都世田谷区のお客様

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収前の画像
ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブル回収後の画像
事例2東京都新宿区のお客様

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

`不用品回収前の画像
不用品回収後の画像
事例3東京都杉並区のお客様

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
事例1東京都世田谷区のお客様
ソファー・テーブル・テレビの回収前
ソファー・テーブル・テレビの回収後

リビングの家具一式を新しく買い替えるお客様からのお問い合わせでした。 ソファ、椅子、テレビ台、テレビ、棚、テーブルなどを回収させていただきました。 ECO助っ人では大量の不用品でも最短即日でお伺いいたしますのでいつでもご用命くださいませ。

事例2東京都新宿区のお客様
パソコンデスクと棚の回収前の画像
パソコンデスクと棚の回収後の画像

法人のお客様でした。デスク環境を一新されたいというお客様のパソコンデスクと棚を回収いたしました。 状態が良くきれいに使われていたので買取により費用を抑えて対応させていただきました。お客様にも大変満足いただきました。

事例3東京都杉並区のお客様
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像
システムベッド、椅子、梯子の回収前の画像

システムベッド、椅子、梯子、そのほか粗大ゴミを回収させていただきました。 お部屋からの搬出に際して、解体作業も行わせていただき丁寧に作業をさせていただきました。 お子様も大きくなり次はおしゃれなデスクと椅子に買い替えるそうです。

0000分現在お電話すぐに繋がります!
(現在:2名オペレーター対応可能)

マスコットキャラクターと背景
大見出しの飾り

対応エリア

全国の不用品、粗大ゴミ回収、遺品整理、ゴミ屋敷に対応可能。
365日営業しておりますので
お気軽にお問い合わせください。
ECO助っ人は買取サービスも対応しております。

トラックとマスコットキャラクター
対応地域拡大中!